日本人初・WNBA選手としてプレーした萩原美樹子の経歴と現在は?

現在、WNBA選手として活躍し、
プレーしている日本人女子バスケット選手・渡嘉敷来夢さん。
そんな彼女より初めてでWNBA選手としてプレーしていた
日本人女子がいる。

どんな人なのか気になり調べてみました。

その前にWNBAとは、アメリカ合衆国で興行を行う、
女子プロバスケットボールリーグのこと。

日本人初のWNBA選手は、

ダダダダダダダダダダ、ダッ、ダン!

萩原美樹子さんです。

萩原美樹子さんのプロフィール

出典:https://s-rights.co.jp/member/hagiwara-mikiko

生年月日 1970年4月17日
出身地 福島県
身長 178cm

・小学生4年 バスケット選手であった父の影響でミニバスケットボールを始める。
・福島女子高校時代、インターハイ、国体ともに2回出場。
・1989年 共同石油に入社、バスケットボール部に所属。
・1993年~ 4年連続で得点王に輝く。
・1996年 アトランタオリンピックに出場、7位入賞する。
・1997年 日本人初のWNBAドラフトで2巡目全体14位指名受け
サクラメント・モナークスに入団しプレー。
・シーズン途中にフェニックス・マーキュリーに移籍。
・2年目のシーズン途中に故障者リストに入り退団をする。
・帰国後ジャパンエナジーに復帰。
・1999年 日本総合選手権(皇后杯)優勝し引退。
・引退後、早稲田大学第2文学部社会人間系専修を卒業。
・ジャパンエナジーCSR推進部に所属するも早稲田大学大学院人間学科研究博士前期課程を修了。
・早稲田大学女子バスケットボール部のヘッドコーチを務める。
・2013年 女子ユニバーシアード代表チームヘッドコーチに就任。

・2018年 U-16、U-18、U-19女子日本代表ヘッドコーチを務める。

スポンサードリン

現在の活動

WNBAのときは故障で2年しかプレーできなかった萩原美樹子さん。
やはり、バスケットボール選手としては小さい身長だとケガも
しやすいこともあったのかなと感じました。

身長が高いほうが有利なのは動かしがたい事実だそうで
現役時代の時に日本代表のチームメイトが「小さい選手は
バスケットをするなって言われているようだ」
と、言ったのをいまでも覚えているそうです。

現在はプロフィールに記載している女子日本代表のヘッドコーチを
務めており、バスケットの講習会、講演、WJBL(女子バスケットボール日本リーグ機構)理事などの
多忙な生活を送っており、コーチ業で女子バスケの力を伸ばしてるようです。
選手としても力があるだけでなく、女子ユニバーシアードで日本を世界4位に導いたので
コーチとして能力がある人なのだなと思いました。

まとめ

現在、渡嘉敷来夢さんが現役の選手としてWNBAでプレーしてますが、
やはりその前に先駆者がおり道ができているのだなと思いました。

スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする