フィギュア選手・村上佳菜子、バス旅でフィギュアトークで盛り上がる!?【路線バスで寄り道の旅】

村上佳菜子 Kanako Murakami Official Site

出典:https://kanako-murakami.com/rel=”nofollow”

元フィギュアスケート選手・村上佳菜子さん。

現役引退後はプロスケーターとして活動し、
アイスショーに出演されています。

将来は指導者を目指し、
「五輪に選手を連れていけるコーチになりたい」
と語っているそうです。

そんな村上さん、バス旅にチャレンジするそうで
その同行者たちのフィギュア愛に盛り上がり、
驚いたそうです。

気になりました。

村上佳菜子さんのプロフィール

生年月日 1994年11月7日
出身地 愛知県
身長 162cm
血液型 A型
趣味 音楽、ダンス、読書など。

・3歳 スケートを始める。
・中京大学付属中京高等学校卒業。
・中京大学スポーツ科学部競技スポーツ科学科卒業。
・2008年~2009年 国際スケート連盟主催・ジュニアクラス競技に参加。
ISUジュニアグランプリシリーズ選手権初出場のジョン・カリー記念で優勝。
・全日本ジュニア選手権3位・全日本選手権に出場。
・最年少で7位。
・新人賞受賞。
・2009年~2010年 JGPトルン杯、全日本選手権、ジュニアグランプリファイナルで
それぞれ優勝。
・2010年~2011年 シニアのグランプリシリーズに参戦。
・NHK杯 ショートプログラム2位。フリースケーティングはジャンプで3度転倒など5位。
総合3位になった。
2戦目・スケートアメリカ SP、フリー共に2位。総合優勝。
グランプリファイナル 2位と0.01ポイント差の3位(日本人最高位)。
・全日本選手権 安藤美姫さん、浅田真央さんに次ぐ3位。世界選手権の代表選出。
・2011年 世界選手権 SP・10位、フリー・7位、総合8位。
・2011年~2012年 グランプリシリーズ。
中国杯・6位、エリック杯4位。GPファイナル出場を逃す。
全日本選手権 ショートプログラム・1位、フリースケーティングは転倒などし総合3位。
・2014年 ソチ五輪女子シングル ショートプログラムミスが響き15位。
フリースケーティング・12位、総合12位
・2014年~2015年 世界選手権 総合7位。世界選手権の獲得ならず。
・2015年~2016年 GPシリーズ スケートカナダ・4位。
エリック杯・テロでフリー中止、最終成績・4位。
全日本選手権 総合・7位。
世界選手権 落選したが浅田真央さんが辞退したため出場。
総合7位。
・2016年12月末 第85回全日本フィギュアスケート選手権・8位。
・2017年 公式サイトにて現役引退を表明

引退を考える

ソチ五輪以降は思うような結果も出ず、左足の疲労骨折を抱える中
「自分の納得できる演技をしたい」と
第85回全日本フィギュアスケート選手権に出場したとのこと。
そこで「スケート人生すべてをだせた」と引退を示唆していました。

2017年世界フィギュアスケート国別対抗戦のエキシビジョンに出演。
プロスケートとして活動すると表明されていました。

喜怒哀楽を思いっきり表現する表情と元気づける笑顔が評価され
バラエティ番組などにも出演されるようになったとのことです。

視聴者を元気づけられる笑顔とは素敵ですね。

スポンサードリン

バス旅にてフィギュア愛に驚く。

同行者としてミッツ・マングローブさんがおり
ミッツさんどうやらフィギュアの大ファンらしく、
フィギュアの知識も深いようです。

以前フィギュアスケートマニアによる宮本賢二さんと
対談もされており深い愛と知識を感じます。

ちなみに知っている方ももちろんいらっしゃると思いますが、
宮本賢二さんは羽生選手の振付けを手掛けられている方です。

また、マツコ・デラックスさんも同行されており
マツコさんもフィギュ愛が強く、
伊藤みどりさんと対談をされています。

そんなお二人を対談されたことのある二人。
知識の深さなどに村上さんは驚かれたのではないかと。

【路線バスで寄り道の旅~マツコと一緒に!
ミッツ&佳菜子も・・・東京下町珍道中SP~】

徳光和夫さんを中心に旅をされるバス旅。
ファンであるマツコ・デラックスさんも同行、
途中からミッツ・マングローブさん。村上佳菜子さんも
同行し、さらに競艇やフィギュアの話まで。

スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする