吉幾三がラップで歌う「TSUGARU」の歌詞の内容は? 標準語で何て言ってる?

出典:you tube

吉幾三さんといえば、千昌夫さんがプロディースした曲

「俺ら東京さ行ぐだ」で大ヒットした歌手の方で知っている人

も多いのでは。

吉さんの新曲が津軽弁ラップで歌われています!

気になりました。

吉幾三とは?

生年月日 1952年11月11日

出身地 青森県北津軽郡

  1. 俺はぜったいスーパー・スター c/w 坂道は長く 
  2. と・も・子 c/w もうだめね二人
  3. あそばれた男 c/w ナチュラルに
  4. 縁し唄 c/w 酒の宿 
  5. ママ c/w 三十才 
  6. ふるさとワルツ c/w 酒・夜・時々…雨 
  7. 俺ら東京さ行ぐだ

などなど

1986年に千昌夫さんの反対を押し切って演歌「雪國」で

初のオリコン1位を獲得、現在は演歌歌手に路線を変更して

いる中のラップの新曲を出しました。

新曲「TSUGARU」とは?

9月12日に動画でアップ。

配信リリースした吉さんのラップは歌詞すべてが津軽弁。

通訳がないとわからない話題に。

私も聞きましたが、標準語育ちでずっときたため

全くわかりませんでした笑

歌詞(津軽弁バージョン)

おめだの爺(じ)コ婆々(ばば) どしてらば?

俺(おら)えの爺(じ)コ婆々(ばば) 去年死んだネ

おめだの兄(あに)さま どしてらば?

俺(おら)えの兄(あに)さま 知らねじゃ私(わ)!

東京(かみ)さ行ったって 聞いたばって

東京(かみ)のどのどさ 行ったがや?

さっぱど分(わ)がねじゃ! 俺(おい)の兄!

バカコでバカコで しかたねね!

おめだの姉(あね)さま どしてらば?

俺(おら)えの姉(あね)さま アメリカさ!

嫁コさなったって 何年たてば?

戻ってこねねろ バカコだね

わらしコ出来だって 聞いだばて

男(おどこ)わらしな! 女子(おなご)だな!

祝いの 銭(じぇん)コも 包まねで

ホントに迷惑(めわぐ)ば かけでらじゃー

喋れば 喋たって 喋られる

喋ねば 喋ねって 喋られる

喋れば いいのが 悪いのか

喋ねば いいのが 悪いのか

春夏秋冬 知ってっか!

花咲き 佞武多に 紅葉と

雪降る 厳しい 四季感じ

生きてる事を 知ってっか?

Hey Hey Hey…

津軽の言葉を なめんじゃねェ!!

なんぼでも降るだね 夕(ゆ)べながら

どこさも行けねじゃ こいだばや

スベっておけたネ あの橋で

おどげ欄干 ぶつけたネ

なじきどどんじさ イボ出来て

今から行ぐだネ 医者コサな

何だか知らねじゃ 夕(ゆ)べながら

痛(いだ)くてまねはで 行て来るじゃ

よろたとひじゃかぶ おたてまて

そごらも医者コさ 診(み)でもらて

湯コさも入って来るだネ 今日

晩(ばん)げには戻るネ 家(え)さ来(こ)なさ

もやしとネギへだ モツ喰(く)べし

一杯(いっぺぃ)やるべし 今夜(こんにゃ) 今夜(こんにゃ)!

あぱだきゃ居ねね 誰(だ)も居ねね

電話コかげるネ 戻ればなー

喋れば 喋たって 喋られる

喋ねば 喋ねって 喋られる

喋れば いいのが 悪いのか

喋ねば いいのが 悪いのか

今なら会えるし 帰んなヨ

季節は自然に 待っている

何年 ふるさと 背を向ける

そのうち絶対 バチあたる

Hey Hey Hey…

生まれた津軽を なめんじゃねェ!!

青森 弘前 五所川原

八戸 むつ(陸奥)に 鰺ヶ沢

喰うもの美味(めべ)し 酒コまだ

三方海コさ 囲(かご)まれて

そいでも出でゆぐ 馬鹿コ居る

戻って来ねねろ わらはんど

帰ればお土産 もだへでや

来る時毎日 喰った事ねェ

菓子だきゃ要らねじゃ 銭(じぇん)コけれじゃ

田畑 山林 どしたばや

死んだら売るだべ 何(な)もやねじゃ

100まで生きるだ! 何(な)もやねじゃ

化げて出てやる 死んでから

枕元(まくらもど)さ 立ってやる

覚えておがなが このわらし

お前(め)だち年とりゃ 同じだネー

喋れば 喋たって 喋られる

喋ねば 喋ねって 喋られる

喋れば いいのが 悪いのか

喋ねば いいのが 悪いのか

幸せなんだと 思うなら

産んだ両親 会いに来な

何回 あんたも 顔見れる

19や20才(はたち)の ガキじゃねェ

Hey Hey Hey…

青森全部を なめんじゃねェ!!

スポンサードリン

歌詞は?(標準語バージョン)

お前のところのおじいさんはどうしている?

うちのおじいさんは去年死んだよ

お前の息子はどうしている?

うちの息子か 知らないな

東京に行ったと聞いたよ

東京のどこに行ったんだ?

全然わからないよ 俺の息子のことは

バカでバカで仕方がないよ

お前の娘はどうしている?

うちの娘はアメリカに行ったよ

嫁になって何年も経つけど

(こちらに)戻ってこないバカ娘だよ

子供ができたときいたけど

男の子なのか?女の子なのか?

お祝いのお金も包んでやらないし

本当に迷惑ばかりかけている!

喋れば「口数が多いやつ」と言いふらされるし

喋らなくても「物言わなすぎ」とふれまわされる

喋った方が良いのか悪いのか

喋らない方が良いのか悪いのか

春・夏・秋・冬、知っているか

花崎温泉、ねぶた祭、紅葉と

雪降る厳しい四季を感じ

生きていることを知っているか

ヘイ、ヘイ、ヘイ……

津軽の言葉をなめるなよ

いくらでも(雪が)降ってくる昨日の夜から

どこも行けないよ これじゃ

滑ってコケたんだあの橋で

おとといには欄干にぶつけたよ

額とお尻にイボが出来た

今から行くんだ医者のところへ

なぜだか知らないが昨日の夜から

痛くて仕方がないので(医者に)行ってくる

太股と膝が(痛くて)辛いので

そこのところも医者に診てもらって

温泉にも入ってくるからね 今日は

夜には戻ってくるから うちに来ないか?

もやしとねぎ入りの モツ(鍋)食べようよ

一杯やろうよ 今夜は

女房はいないし (他に)誰もいない

電話をかけるよ (家に)戻ったらね

喋れば「口数が多いやつ」と言いふらされるし

喋らなくても「物言わなすぎ」とふれまわされる

喋った方が良いのか悪いのか

喋らない方が良いのか悪いのか

今なら会えるから帰りなよ

季節は自然に待っている

何年ふるさとに背を向けるんだ?

そのうち絶対にバチが当たるぞ

ヘイ、ヘイ、ヘイ……

生まれた津軽をなめるなよ

青森 弘前 五所川原

八戸 陸奥に 鯵ヶ沢

食べ物は美味いし お酒も言うに及ばず

三方を海に囲まれて

それでも出ていくバカな子がいる

戻ってこれない子供たち

帰ってくればお土産は持ってくるけれど

持ってきたところでいつも(そんなもの)食べたことは無い

菓子だけなんかいらない お金をよこせ

田畑や山林はどうするつもりだ?

(俺が)死んだら売るつもりだろう 何もやらないぞ

100歳まで生きるぞ 何もやらないぞ

化けて出てやる 死んでから

枕元に立ってやる

覚えておけよ このガキめ

お前だって歳を取ったら同じようになるんだ

喋れば「口数が多いやつ」と言いふらされるし

喋らなくても「物言わなすぎ」とふれまわされる

喋った方が良いのか悪いのか

喋らない方が良いのか悪いのか

幸せなんだと思うなら

生んだ両親に会いに来な

何回来ても顔を見られるだろ

19歳や20歳のガキじゃないんだから

ヘイ、ヘイ、ヘイ……

青森全部をなめるなよ

コメント欄など感想にして作成させて頂きました。

津軽弁のネイティブの方が見られて間違っていましたら

申し訳ございません。

ネイティブではない方は参考程度に。

失礼な感想かもしれませんが、

愚痴感がすごいですね笑

こんな歌詞なんだなーと思いました。

ちなみにPVの映像は吉さんの家の前で

撮ったりしたそうです。

まとめ

·津軽弁は難しい。

·歌詞の内容がなかなか毒。

ラップの新たな魅力を知れました!

スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする