カルピスCM(2019)流れる曲は? 歌っている歌手(アーティスト)は誰?

NO IMAGE

出典:you tube

アサヒ飲料株式会社は、

2019年7月7日で発売から100年を迎える「カルピス」ブランドの

新CMシリーズを展開。

主演に竹野内豊さん・長澤まさみさん・永野芽郁さんを起用。

 

楽曲も100周年ブランドCMのためにオリジナルカバーとなっている。

 

気になりました。

 

放送されているCMの内容は?

「卒業編」

永野芽郁さんは卒業式当日の1人の女子高生。

同じ美術部同士、高校生活のほとんどを共にした仲良し4人組で、

最後のひと時を過ごす。

 

「宣言編」

竹野内豊さん・長澤まさみさん・永野芽郁さんが

それぞれ特別な日や日常が出てくる。

 

「こどもの日編」

息子と写真撮影をする父親(竹野内豊さん)。

そんな姿に「親バカだね」と母親が一言。

しかし、父親が写真を撮っていたのには理由があり、

自分の両親に孫の写真を送ること。

 

「七夕編」

「卒業式編」の数カ月後の続編。

高校を卒業し、東京の大学に進学した大学一年生の永野芽郁さん。

東京での生活に慣れ始めた頃、

新しい人間関係などの想いが交差し地元の友人たちに会いにいく。

 

「お盆編」

里帰りをする一家。

娘(長澤まさみさん)に「いつまでいられるの」と聞く母。

帰ってきたばかりという娘に、

母は

「待っている方は長いのよ」

「おかえり」

 

「ただいま」

と答える。

 

共通してるのが、ポップでありながら

懐かしさを感じられる歌。

 

この曲は?

スポンサードリン

曲の名前は「ラブリー」

曲名は「ラブリー」

 

これは小沢健二さんの5枚目のシングルで、

1994年11月23日に東芝EMIより発売されている。

 

さらにこれを

UA(ウーア)さんが100周年ブランドCMのためにオリジナルカバーしている。

 

UAさんは、ソウル、ジャズ、レゲエ、ダブ、エレクトロ、民族音楽など

多種多様な音楽を取り込んで先鋭的で濃密な世界を築き上げ、

ジャンルにとらわれない幅広いナンバーをものにする憂いと

野性味を兼ね備えた圧倒的なヴォーカル、そしてエキゾティックで

個性的なルックスでデビュー当時から注目を集めている。

 

浅井健一さんらと結成したバンドAJICO(2000ー2001年)のボーカリスト、

NHK教育テレビ番組『ドレミノテレビ』で童謡や珠玉の名曲を

オリジナルのアレンジで歌う歌のおねえさん“ううあ”として活動するほか、

映画『水の女』『大日本人』にも出演し、女優としてもその才能を発揮。

 

アーティスト名の「UA」には、スワヒリ語で「花」と「死」という2つの意味がある。

 

1995年6月21日シングル「HORIZON」リリース。

ソロシンガーとしてデビュー。

 

俳優の村上虹郎さんは長男。

 

まとめ

小沢健二さんがオリジナルで歌っていた「ラブリー」を

カルピスの100周年記念でUA(ウーア)さんが

歌っていました。

 

どんな曲が次出るのか。