ディア・ペイシェント~絆のカルテ~(ドラマ)放送日と放送局は? 原作(小説)感想や評価は?

NHK総合・4月17日(金)毎週金曜夜10時よりドラマ「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」が放送決定(全10回)!

気になりました。

「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」とは?

内科医でもある南杏子さんの著書「ディア・ペイシェント」をドラマ化した、ヒューマンサスペンスストーリー。

クレーマー患者たちに悩む女性医師が、先輩医師や同僚とともに、

患者たちと真摯に向き合い寄り添おうと努力する中で、人と人との絆を見つけ出してゆく姿を描く。

現代日本の医療界の現実を抉(えぐ)りながら、医師たちの成長と挫折、

喜びと悲しみを綴(つづ)る感涙のハートフルドラマを、時にサスペンスを交えている。

西谷監督

脚本・荒井修子さん

あらすじ

病院を「サービス業」と捉え、「患者様プライオリティー」を唱える佐々井記念病院の医師たちは、さまざまな問題を抱えていた。

一人は、執ように嫌がらせを繰り返す“モンスター・ペイシェント”に付きまとわれる若き女性医師。

一人は、明るい性格で患者からも好かれているが、大きな医療訴訟を抱え悩む先輩女医。

一人は患者とは一定の距離を置きながらも、にん傷沙汰に巻き込まれてしまう同僚医師。

果たして、彼女らは、希望を見いだせるのか?

スポンサードリン

キャストや出演者は?

“モンスター・ペイシェント”に付きまとわれる女性医師・真野千晶役

貫地谷しほりさん

信頼のおける先輩女医・浜口陽子役

内田有紀さん

最凶のモンスター・ペイシェント・座間敦司役

田中哲司さん

NO IMAGE

原作の感想は?

・医療現場をリアルに描いている。

・『サイレント・ブレス 看とりのカルテ』よりも面白い。

病院外来を舞台としたサスペンスで、現役内科医である著者の経験が活かされている。

・自分の通院経験から、この本に書かれているようなお医者さんにかかりたいと思った。

セカンドオピニオンを選択することをおそれないで行きたい思わせてくれた。

・医療現場で働いています。

実際あり得る話にひきこまれました。

・とてもタイムリーな作品と思いますのでドラマ化を希望。

などなど

現代社会の医療現場をリアルに描いてる本作。

著者自身も内科医ということでとてもよくできている作品のようです。

患者になってしまう自分自身のことを考えさせられる小説かも。

まとめ

ドラマ「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」

NHK総合・4月17日(金)毎週金曜夜10時より放送開始!

全10話。

目を背けてはいけない問題で、自分だけは大丈夫と思っていはいけないかも。

スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする