スポンサーリンク

市川猿之助の骨董品は高額?志野焼などの金額はいくら?

俳優

歌舞伎役者の4代目・市川猿之助さん。

ドラマにも出演していて、「半沢直樹」の顔芸で世間を大いに沸かせました。
歌舞伎役者の人って、見得を切るところがあるので迫力のある顔芸ができる役者として呼ばれているのかなと思っていました笑

 

市川猿之助さん趣味が骨董品だそうです。
骨董品って素人から見ると本物かどうかわからないことが多いですよね。

 

市川猿之助さんが持っている骨董品は高額なのでしょうか?
志野焼などの金額はいくら?

 

気になりましたのでまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

市川猿之助の骨董品は高額?

市川猿之助さん実は骨董品についての本「猿の眼 僕ノ愛スル器タチ」を出版しており、
骨董品がわからない。
けど興味があるって人に入門書としておすすめされてました。

さらには本には市川猿之助さんが所持している骨董品40種類も紹介されています。
2016年の本なので、もしかしたら現在はそれ以上の骨董品を所持しているかもしれません。

 

骨董品で持っているものが、魯山人の徳利、「東の魯山人、西の半泥子(はんでいし)」と言われた川喜田半泥子の茶碗など素人でも知っている人の作品ばかりを所持しています!

 

絶対に高額なものばかりですね。

 

市川猿之助さんは志野焼の茶碗という安土桃山時代の焼き物を持っています。

 

スポンサーリンク

 

志野焼などの金額はいくら?

志野焼は重要無形文化財に指定している骨董品。

 

市川さんある日、某鑑定団の番組にこの骨董品を持っていきました。
本人が予想した評価額は、
1000万円!

 

これはかなりの強気な金額の予想です。
これで偽物だったら大いにコケますね笑

 

鑑定団が鑑定した結果。。。。
予想に反して、金額、

6000万円!!

 

高くなった!

 

これには市川猿之助さんも驚いていました。
志野焼は間違えなく本物だったのです。

 

実は市川さん。
志野焼を手に入れるため他の骨董品を売却してまで購入していたのです!
これは、値段も嬉しかったとは思いますが、本物であった見る目をあるということで嬉しかったのでは。

 

スポンサーリンク

 

鑑定士が提案

美術鑑定家・中島誠之助さんなどが鑑定をし本物であることを言っていたのですが、中島さんが素晴らしアドバイスを市川さんにしました。

 

三重箱を作り、四代目市川猿之助丈の箱書きを与え銘をつけていただきたい。

 

これは市川さんが国宝級のものを持つのに相応しいとしての提案でした。
これに市川さんが嬉しそうに「芸道に精進をしなければ」と意気込みを語っていました。

 

SNS上でも市川さんに対しての審美眼の評価や相応しい人とが持つものなんだなあといった、反響がすごかったです。

市川さん、子供の頃は仏像集めが趣味、浮世絵集めをしていた頃もあるのでやはり骨董品を見る目はあるのは間違いないようです。

 

スポンサーリンク

 

市川猿之助のプロフィール

4代目 市川猿之助
本名 喜熨斗 孝彦(きのし たかひこ)
生年月日 1975年11月26日
出身地 東京都
血液型 O型

 

俳優の香川照之さん(九代目市川中車)とは従兄になります。
1980年 歌舞伎座『義経千本櫻』の安徳帝で初お目見得。
1983年 歌舞伎座『御目見得太功記』の禿たよりで、二代目市川亀治郎を襲名。
1998年 慶應義塾大学文学部国文学専攻を卒業。
2002年 京都造形芸術大学春秋座「第一回亀治郎の会」を開催。
2005年  重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員に。

 

各舞台などで活躍。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

市川猿之助さんの骨董品は素人でも知っている有名人の作品を持っているので高額なのは間違えないものが多いと思います。
志野焼などの金額はいくら本人の1000万予想に対して鑑定額は6000万!
どっちにしろすごい金額ですね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
俳優
map2をフォローする
気になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました