演歌歌手・石川さゆり、「3人娘」のメンバーになる予定だった!【誰だって波瀾爆笑】

演歌歌手の石川さゆりさんと言えば、
『津軽海峡・冬景色』で大ヒット。

更にはその美貌でも有名です。

最初は、石川さんはアイドルとしてデビューされていました。

更にはあの伝説のアイドルとユニットでデビューを飾ろうとしていました。

気になりました。

石川さゆりさんのプロフィール

生年月日 1958年1月30日
出身地 熊本県

・小学1年 島倉千代子さんの歌謡ショーに感動し、歌手を志す。
・小学5年 横浜市神奈川区に転居。
・1972年 中学3年『ちびっ子歌謡大会』(フジテレビ)び参加できなくなった友達に替わり、参加。合格し芸能界入りを果たす。
・1973年 アイドル歌手として『かくれんぼ』デビュー。
キャッチフレーズ「コロンビア・プリンセス」
・1977年 『津軽海峡・冬景色』大ブレイク。
・同年 「第19回日本レコード大賞」(TBS)歌唱賞、「FNS歌謡祭」(フジテレビ)グランプリなど音楽賞を受賞。
・「第28回NHK紅白合戦」初出場。
・その後シングル「能登半島」「暖流」「沈丁花」なども続けてヒット。
・1980年代 「波止場しぐれ」「天木越え」「夫婦善哉」「風の盆恋歌」など
順調にヒット曲を世に送り出した。
・1980年代後半 カラオケボックス運営会社「カミパレス」知人とを経営。
・1997年 個人事務所「株式会社さゆり音楽舎」を設立。
・1999年 カミパレス破産宣告。
・2015年 「第57回日本レコード大賞」(TBS)日本作曲協会奨励賞を受賞。
・2018年 芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。
・2019年 紫綬褒章受章が日本国政府より告示。

スポンサードリン

カミパレス破産宣告!

知人の方と経営を行った、カラオケボックス運営会社「カミパレル」が破産。

この時石川さんは連対証人として残金28億円の支払いを求める
損害倍賞請求を提訴。

2003年に東京地裁にて一審判決が出たが、内容を不服とした整理回収機構が
抗告すると共に石川さんの自宅を一時差し押さえもしたが、
10億円の賠償金支払いで決着。

額が大きすぎて想像できませんが
生きた心地がしないですね。

デビュー当時は実は伝説のアイドルとユニットをする予定だった!

「花の中3トリオ」
この名前を知らない人も多いかもしれませんが、
これは森昌子さん、桜田淳子さん、山口百恵さんの3人のことを言います。

この3人組は団塊世代の間で知らない人はいないと思います。

実は当初はこの3人組での予定ではなく
森昌子さん、桜田淳子さん、石川さゆりさんの予定だったのです。

が「スター誕生」にて桜田淳子さんの争奪戦が激しく
他の芸能プロダクションに獲得されてしまったとのこと。

その後「スター誕生」に出場した山口百恵さんを起用することを
決定されたそうです。

しかし、それは現実にはかないませんでした。

それは「スター誕生」が人気番組になりすぎ、
そこから歌手となった、森昌子さん、桜田淳子さん、
山口百恵さんの3人をくくりにした「スタ誕3人娘」とした
トリオが自然に注目されるようになってしまったそうです。

しかも石川さんはデビュー当時は「花の中3トリオ」の影に隠れて
しばらくは人気を得られなかったそうです。

ここで「花の中3トリオ」の一員になってしまっていたら
演歌歌手・石川さゆりさんは誕生しておらず
「津軽海峡・冬景色」の大ヒットもなかったかもしれません。
縁って不思議ですね。

【誰だって波瀾爆笑】

ここでは石川さゆりさんの実家、
超美人な石川さんの母親、子ども頃からの
取り立てなどの話が盛りだくさん。

事務所が違いますが「花の中3トリオ」として売り出されることに
なったそうです。

スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする