大東駿介(俳優)の生い立ちはや父親は? 出演作品は何があるの?

大東駿介さんが11月29日23時に放送される

「A-studio』に出演!

気になりました。

大東駿介とは?

本名 大東 弘典

旧芸名 大東 俊介

生年月日 1986年3月13日

出身地 大阪府

身長 182 cm

血液型 A型

2005年にPIZZA-LA Presents・トップコート杯「Try to Top 2005」で

グランプリ・ミコット・エンド・バサラ賞・FINE BOYS賞を受賞。

『FINEBOYS』(日之出出版)専属モデルとなる。

2005年日本テレビ『野ブタ。をプロデュース』で俳優デビュー。

TBS『おいしいプロポーズ』のテレビドラマや

映画『リアル鬼ごっこ』などに出演。

2010年にファンクラブ「Let’s」を結成。

6月18日に東京都世田谷区内で原付バイクを運転中、

自動車と接触して大腿骨を骨折。

治療のために都内の病院へ入院し、

当時出演していたドラマ『タンブリング』の最後の撮影に参加できなかった。

同年7月スタートのテレビ朝日系ドラマ『警視庁継続捜査班』に出演予定だったが、

加療中であったため降板(代役は田島優成さんが演じる)。

同年7月20日に退院。26日から復帰。

2011年12月1日、トップコートからA.L.C.Atlantisへ所属事務所の移籍に伴い

芸名を大東 駿介に改名。

トップコート時代のファンクラブ「Let’s」は解散したが、

新たにファンクラブ「FAST」を立ち上げる。

2012年、大河ドラマ『平清盛』に出演。

時代劇への出演は初。

2017年7月31日にファンクラブ「FAST」が閉鎖。

大東さんの公式サイトも一時閉鎖していたが、

10月25日に公式サイトを新たにリニューアルしてオープンした。

生い立ちや父親は?

父親とは8歳の時に生き別れており、

見つかったという連絡があっても「会うもんか」と

意地を張って再会せず30歳手前になって

「やっぱり会おう」と思った時に亡くなっていた事を知った。

父親も役者をやっていた時期がある。

どうやら大東さんの父親は、ドラマティックな生き方をしている人で、

いろいろなものを巻き込んで、いろいろなものを失ってたとのことを

映画「望郷」のインタビューで語られていたことがあるそうです。

母親もどうやら中学生の時に行方をくらませており

現在は見つかったどうかとの話は語られていません。

引き取られた親戚の従兄弟を兄のようにしたっており

上京した時も下宿させてもらっていたようです。

スポンサードリン

出演作品は?

出演作品は多数に渡っており、

  • 野ブタ。をプロデュース
  • 一週間の恋
  • 少しは、恩返しができたかな
  • パンチライン
  • おいしいプロポーズ
  • 鉄板少女アカネ!!
  • アンナさんのおまめ
  • ヒミツの花園
  • ファースト・キス
  • 花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~
  • 交渉人~THE NEGOTIATOR~
  • 猟奇的な彼女
  • シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~
  • LOVE17
  • RESCUE~特別高度救助隊
  • 疑惑
  • ラブシャッフル
  • ふたつのスピカ
  • 連続テレビ小説「ウェルかめ」
  • しぇいけんBABY! -Shakespeare Syndrome-
  • タンブリング
  • 新・ミナミの帝王

などなど。

活躍してるのがわかりますね!

まとめ

父親とは生き別れており、会おうと思った時には

会えずに終わってしまったのが人生って不思議だな

と思いました。

俳優で活躍なさっていると思うと血って更に

不思議。

1月29日23時に放送される

「A-studio』に出演!

スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする