竜の道(ドラマ)原作は未完!主題歌を歌うのは?あらすじやキャスト出演者は?

2020年7月より放送が開始されたドラマ「竜の道〜二つの顔の復讐者〜」
実は原作者である白川道さんは2015年4月16日に急逝してしまっため「未完」の本となっている。

講談社の月刊小説誌『小説現代』に掲載され、加筆、修正ののち『竜の道 飛翔篇』(りゅうのみち ひしょうへん)が2009年9月に刊行。
竜の道」シリーズ全三巻の構想を持っていたそうですが、2014年7月号から幻冬舎の月刊小説誌「ポンツーン」に連載中になくなった。
2015年10月22日に、未完のまま、続編『竜の道 昇龍篇』(りゅうのみち しょうりゅうへん)が発売。

ドラマでは原作通り未完にはせず、完結させるとのこと。

主題歌を歌うのは?

SEKAI NO OWARIがドラマの主題歌「umbrella 」を歌う。

2020年6月24日に両A面シングルとなるニューシングル『umbrella / Dropout』に「au 5Gその手に」篇CMソング「Dropout」とともに収録されている。
さらにTOKYO FM開局50周年アニバーサリーソング「周波数」を含めた全3曲の新曲が。

スポンサードリン

あらすじは?

育ての親を死に追いやった大企業社長から全てを奪う。復讐を誓い合った双子の運命を描く本格サスペンス!

1997年、福岡。幼いころに実の両親に捨てられ、小さな運送会社を営む吉江夫妻の養子として引き取られた双子の竜一(少年時代:阪本光希さん)と竜二(少年時代:阪本颯希さん)は、夫妻の実の娘である5歳の妹・美佐(幼少期:宮地美然さん)と仲良く暮らしていた。
しかし、全国への事業拡大を企むキリシマ急便の社長・霧島源平の悪質な乗っ取りに遭い、多額の借金を抱えた養父母は自殺。
養父母が源平に追い詰められる姿を間近で見ていた竜一と竜二は、霧島への復讐)を誓い合う。

それから7年後の2004年。
22歳の竜一は、たばこの不始末による火事で突然帰らぬ人となってしまう。
ところが、その数カ月後、竜二の前に現れたのは、顔も名前も違う竜一を名乗る男だった……。
竜一は裏社会の人間として、竜二は国土交通省のエリート官僚として、霧島源平やキリシマ急便の周辺の情報を探っていく。
成長した美佐にも本当のことを告げず、復讐計画を進めていく二人は、ついにキリシマ急便の不祥事のネタをつかむが……。

キャストは?

矢端竜一役(やはた りゅういち)
玉木宏さん

矢端竜二役(やはた りゅうじ)
高橋一生さん

吉江美佐役(よしえ みさ)
松本穂香さん

霧島晃役(きりしま あきら)
細田善彦さん

遠山凛子役(とおやま りんこ)
奈緒さん

砂川林太郎役(すながわ りんたろう)
今野浩喜さん

大友由伸役(おおとも よしのぶ)
渡辺邦斗さん

曽根村始役(そねむら はじめ)
西郷輝彦さん(特別出演)

霧島まゆみ役(きりしま まゆみ)
松本まりかさん

霧島芙有子役(きりしま ふゆこ)
斉藤由貴さん

霧島源平役(きりしま げんぺい)
遠藤憲一さん

まとめ

・原作は未完の本作。ドラマでは完結されて放送。

・玉木宏さんと高橋一生さんが双子役で共演!
育ての親を死に追いやった大企業社長から全てを奪う。復讐を誓い合った双子の運命を描く本格サスペンス!

・主題歌はSEKAI NO OWARI「umbrella 」。

ドラマ「竜の道〜二つの顔の復讐者〜」を見逃してしまった人や1話感想を知りたい人はこちら!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

竜の道(上) (幻冬舎文庫) [ 白川道 ]
価格:712円(税込、送料無料) (2020/7/30時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

竜の道(下) (幻冬舎文庫) [ 白川道 ]
価格:712円(税込、送料無料) (2020/7/30時点)

楽天で購入

スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする