最強のふたり(映画)実話だった!数々の名言が!あらすじやキャスト出演者は?

2012年に日本でも上映されたフランス映画「最強のふたり」
実はこの映画には実話が!

モデルは フィリップ・ポゾ・ディ・ボルゴさん(Philippe Pozzo di Borgo)とその介護人アブデル・ヤスミン・セローさん(Abdel Yasmin Sellou)。
フィリップさんは、1951年生まれで、かつてコルシカ島で公爵の位にあったディ・ボルゴ家の血を引く、正真正銘貴族の家系で大富豪。
世界でも有数のシャンパンメーカーの重役を務めていました。
1993年の42歳の時、パラグライダー事故により頸椎を損傷し、全身麻痺に。

アブデルさんは、実際は黒人ではなくアルジェリア出身の、地中海系。
24歳でフィリップと出会い、介護人を務める事に

その後、2001年にフィリップさんは自身のことや介護人アブデルとのことを書いた本 Le Second Souffle(第二の呼吸) を出版した。

2002年には、フィリップとアブデルはフランスのテレビ番組 Vie privée, vie publique で取り上げられた。この番組の司会者ミレイユ・デュマ(Mireille Dumas)は二人に興味を持ち、2003年に二人を描いたドキュメンタリー À la vie, à la mort を製作。

実話との違う点もあり、劇中、フィリップさんの妻ベアトリスさんはすでに死亡したことになっているが、実際に彼女ががんで亡くなったのは、アブデルが家にやって来てから4年後の96年5月。
更に、ドリスの弟が助けを求めに来たことをきっかけに、雇用関係を解消。
ほんの1年程度の出来事のような印象だが、実際には10年間にわたって面倒を見ており、2人はモロッコへ移住するのだが、アブデルさんが現地の女性を好きになったため、アブデルさんの将来のことを考えて、フィリップさんの方から契約を解除しているとのこと。

気になりました。

数々の名言が!

フィリップの名言

・「体の苦痛は去っても、心の痛みは残るんだ」
ドリスの前ではじめて激しい発作を起こしたあとのフィリップは、落ち着いたあとに自分の過去を語ります。その中での印象深いセリフ。

・アンソニー「注意したまえ。ああいう輩は容赦ない」
フィリップ「そこがいい…容赦ないところがね」
スラム育ちのドリスのことを良く思わないフィリップの友人アンソニーは、ドリスには実は前科があることをフィリップに告げ、注意するよう忠告します。
それに対するフィリップの答えがこちら。

・「彼の素性や過去など、今の私にはどうでもいい事だ」
ドリスがフィリップをたんなる「障害者」として扱わなかったように、フィリップもドリスのことをを「スラム育ちの前科者」という目では見ません。 大切なのは、過去にとらわれず現在の相手のありのままの姿を受け入れることだと主張

・「なぜ人は芸術に興味を持つのか? この世に残せる唯一の足跡だからだ」
フィリップの趣味はクラシック音楽と絵画の鑑賞。難解なアート作品に大金を払うフィリップを見て、ドリスは驚きます。
しかしフィリップの趣味に付き合ううちに、少しづつ芸術への興味を芽生えさせていったドリス。

など

ドリスの名言

・面接官「あなた、推薦はある?」
ドリス「推薦? あるよ。クール&ザ・ギャングとアース・ウィンド・アンド・ファイアーはおすすめだね」
フィリップとドリスの最初の出会い、フィリップの介護人を選ぶ面接の場でのドリスのセリフです。
面接官の女性が「推薦状は持っているか?」という意味でたずねたのに対し、おすすめの音楽を答えてしまったドリス。

・「イヤだよ。あんたを馬みたいに荷台に載せるなんて」
フィリップを障害者用の車に乗せることになったドリス。
しかしドリスは、フィリップをバンの荷台に押し込めることを拒否し、自分が高級車を運転するから車椅子を降りて助手席に乗らないかとフィリップに提案。

・「きいてきいて。 障害者はどこにいるでしょう? 答えは…置き去りにされた場所」
フィリップの車椅子を押しながら、こんなブラックなジョークも屈託のない笑顔で言うドリス。

・「踊れない音楽なんて、音楽じゃないぜ」
クラシック音楽を聴かせてくれたお礼に、今度はドリスがフィリップにおすすめの音楽をおしえます。
ノリのいい音楽にあわせて、来客全員を巻き込んだダンスシーンがスタート。

など

スポンサードリン

あらすじ

泣いて笑って、生きるパワーをくれる感動の実話!!

パリに住む富豪のフィリップは、頸髄損傷で首から下の感覚が無く、体を動かすことができない。
フィリップと秘書のマガリーは、住み込みの新しい介護人を雇うため、候補者の面接をパリの邸宅でおこない、そこにドリスが面接を受けに来る。

しかしドリスは職に就く気はなく、給付期間が終了間際となった失業保険を引き続き貰えるようにするため面接を受け、不合格になったことを証明する書類にサインが欲しいだけだった。

気難しいところのあるフィリップは、他の候補者を気に入らず、介護や看護の資格も経験もないドリスを、周囲の反対を押し切って雇うことにする。

キャストは?

フィリップ
演 – フランソワ・クリュゼさん

ドリス
演 – オマール・シーさん

イヴォンヌ
演 – アンヌ・ル・ニさん

マガリー
演 – オドレイ・フルーロさん

マルセル
演 – クロティルド・モレさん

エリザ
演 – アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージさん

まとめ

フランス映画「最強のふたり」にはモデルがおり、 フィリップ・ポゾ・ディ・ボルゴさん(Philippe Pozzo di Borgo)とその介護人アブデル・ヤスミン・セローさん(Abdel Yasmin Sellou)。
更には数々の名言が!

ユーモアと人生哲学溢れるを映画「最強のふたり」を動画で視聴する方法はこちらから!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最強のふたり【Blu-ray】 [ フランソワ・クリュゼ ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/8/2時点)

楽天で購入

スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする