スポンサーリンク

17年待ちの食パンの値段は?天使のパンの店の場所は北鎌倉に?

バラエティ番組

フジテレビのバラエティ番組「所JAPAN」で
17年待ちの食パンが紹介されます!
気になりました!

 

2万人以上待ってると言われている、
17年待ちの食パン。
そのぐらい待っていると、存在を忘れそうです。
あと住所や連絡先も変わってそうですね。
その17年待ちの店の名前は「北鎌倉天使のパン・ケーキ」。

 

羽が生えるほどの美味しいとの意味なのでしょうか。
可愛い名前のお店ですよね。
お店の名前もそうですが、17年待ちの食パンの値段。
気になっちゃいました!

 

17年待ちの食パンの値段は?
天使のパンの店の場所は北鎌倉のどこ?
まとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

店主は元競輪選手

17年待ちの食パンを作っているのは、
多以良泉己(たいら みずき)さん。
元競輪選手でした。

 

奥さんの総子さんとは競輪場のマスコットガールの時に出会い結婚しました。
多比良さんは奥さんに初めてしたプレゼントは、
チーズケーキ。
お菓子作りが好きだったために奥さんにプレゼントしたのです。

 

多比良さん可愛いですね。
奥さんもそんなピュアなところに惹かれたんですね。

 

しかし、そんな2人に悲劇が。

 

スポンサーリンク

 

試合中に事故が

大宮競輪の最終コーナーで事故を起こしてしまった多比良さん。
医者に一生寝たきりかもしれないと言われてしまいました。

 

多比良さんに意識が戻ると、聡子さんに向かって
捨ててください。
聡子さんはそんな多比良さんを支えました。

 

聡子さんは多比良さんに退院したらチーズケーキを作ろうといい、
多比良さんはその言葉に目を輝かせました。

 

その言葉から奮起したのか多比良さんは自力で歩いて自宅に
帰れるまでに。

 

しかし競輪選手としての選手生命はほぼ断たれていました。

その時にリハビリとして食パンを作るようになりました。

 

スポンサーリンク

 

天使の食パンを作るように

パン教室でパン作りを学んだ多比良さん。
友達にご馳走しているうちに、
多比良さんの食パンにファンが出来ました。

 

そこから全国に食パンの注文が広がっていきました。
評判が評判を呼び今や予約待ちが17年待ちにも。

 

怒涛の人生ですね。
17年待ちの食パンの値段はいくらなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

17年待ちの食パンの値段は?

17年待って食べられる天使の食パンの値段は、
1350円。

 

すごく高いのを想像していましたが、
一般で売られている食パンよりは高いですが、
手に入れらる値段。

 

同じぐらいに人気のある米粉のチーズケーキは
1ホールで2700円。

 

こちらも値段は至って普通。

 

しかし手間がかかっており一つ作るのになんと3時間もかかります。

 

これは大量生産ができないため、人気が出ると
17年待ちも普通になってしまいますね。

 

お店の場所も気になりますね。

 

スポンサーリンク

 

天使のパンの店の場所は北鎌倉に?

「北鎌倉天使のパン・ケーキ」との店名のように、
お店は北鎌倉にあります。

 

〒247-0054 神奈川県鎌倉市高野38−11

しかし、直接にお店に行っても買えないようなので
きちんと予約して待つしかないようです。

 

ちなみに確認してみましたら現在は2011年8月20日(※2022年6月現在)を
作っているとの記載がHPに。
商品によって違うかもしれませんが。

 

大きな心を持ち気長に待つのがいいかと思われます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

17年待ちの食パンの値段は1350円でした。
天使のパンの店の場所は北鎌倉にありますが、
予約しなければ買えないようです。
興味がある人は確認してみるのもいいかもしれません。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
バラエティ番組
map2をフォローする
気になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました