桐谷健太がワインエキスパートの資格取得はなぜ?効き酒で当てたため?

桐谷健太がワインエキスパートの資格取得はなぜ?効き酒で当てたため?

俳優の桐谷健太さんは自宅にワインセラーがあるほどにワインが好きだそうです。
そんな桐谷さんワインエキスパートの資格を2020年に取得!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

香音ーKANON- [ 桐谷健太 ]
価格:1810円(税込、送料無料) (2021/9/4時点)

楽天で購入

 

 

 

桐谷さんはなぜワインエキスパートの資格取得したのでしょうか?

 

気になりましたのでまとめてみました!

 

 

桐谷健太がワインエキスパートの資格取得はなぜ?

ワインエキスパートはワイン愛好家の方向けの民間資格となっており、一般社団法人日本ソムリエ協会(J.S.A.)が1996年から認定している資格となっています。
「ワインエキスパート」は、満20歳以上の成人なら誰でも受験が可能です。

 

実はワインエキスパートの難易度は難関。
一次・二次試験があり、トータルでの合格率は2013年~2017年の間で平均で37.6%という合格率。
3人に1人という狭き門。
愛好家向けとは思えない資格ですね。

 

そんな狭き門である資格を桐谷さんは受けようと思ったのは、ある番組で効きワインを当てたからでは。

 

 

効き酒で当てたため?

毎年恒例と言ってもいい番組「芸能人格付けチェック」。
その番組に桐谷さんが2020年年始に出演しました。

 

その時にあったのが効き酒ならぬワインの飲み比べ。
1本5000円のテーブルワインと1本100万円のヴィンテージワイン。
その時に桐谷さんは、
「楽園のお花畑みたいな香り・・・」
と本職のソムリエの人がいかにも言いそうなこと言いました。

 

そして見事大当たり。

 

そこで桐谷さんは自信をつけたのでしょうか。
コロナ禍で家にいることも多くなったのでワインの勉強に勤しんだのでは。

 

ちなみ個人差はあるようですが、半年から1年ぐらい試験の準備期間に費やすそうで、そのためのワインスクールもあるそうです。

 

ステイホームとはと合わさって学ぶのにちょうどいい期間だったのかもしれません。

 

 

ワインエキスパートの資格取得メリット

①世界中のワインについての専門的知識が幅広く身につく。
②プロレベルのテイスティング技術が身につく。
③ワイン業界への転職時に有利。
④「J.S.A.ワイン検定」の認定講師になれる。
⑤学びの証が手に入る。

 

といったメリットがあるそうで、桐谷さんの場合は演技の幅が広がったりできそうですね。
さらに講師にまでなれるといとの頃がこの資格のすごさを物語っていますね。

 

 

まとめ

桐谷健太がワインエキスパートの資格取得は、とある番組の出演で効きワインで高いワインを当てられて自信がついたからでは。

 

桐谷健太さんに関連する記事

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!