昆虫ラーメンは店はどこの場所で食べられる? 味の評判や具材は何が入っている?

出典:PAKUTAS

ラーメンといえば、魚介やお肉、野菜が入っている

イメージが100人中100人思い描くとは思いますが、

なんと現在、昆虫が具材として入っている

ラーメンがあるとのこと!

気になりました。

昆虫ラーメンとは?

文字の通り昆虫が入っているラーメン。

どうやらコオロギが入っている様です。

また出汁も2種類のコオロギから取られている模様。

ただし、香りや食感を楽しんでほしいと、

ヒマワリの種やゴマ、ショウガは入れてあるという。

お店はどこ?

以前、「凪(なぎ)西口分店」にて提供していたそうですが、

現在は提供しているか調べてみましたが、

情報が出てきませんでした。

その時だけの限定商品だったのかもしれません。

味の評判や具材は?

具材は、チャーシューや葉っぱがのっているおり

さらに数匹のコオロギがのっている画像がありました。

味も、「怖いもの見たさで食べてみたら、想像以上に

美味しい」とのことで評判も良い。

また、有吉弘行さんがバラエティ番組『ダレトク!?』で

コオロギラーメンを試食した際、「美味い」と絶賛。

美味しいなら食べてみたいですが、

最初は勇気がいりますね汗

スポンサードリン

開発者は?

「昆虫食」の魅力を広めているのは慶応大学生・篠原祐太さんと、

世界各国の食材を出汁に使うことでラーメンをユニバーサルフードにしたいという

「凪」創業者・生田智志さんが意気投合し、

2015年9月、初のコオロギラーメンを店舗で提供。

このときは100食完売したという。

なぜ、コオロギなのかというといろいろな虫で料理を試してきた中で

「乾燥コオロギが最もいい出汁が取れるな」という手応えを感じたそうです。

また、ラーメンの出汁(だし)で使うとなると結構な量が必要になるとのこと。

コオロギは近年、食用の養殖場が国内外に増えてきているので、

現実的な仕入れのしやすさからもピッタリだったそうです。

また、篠原さんは2019年には開業に向けていきたいと考えており、

内容は昼はコオロギラーメンを出して、

夜は虫のコース料理を提供したいなと考えているそうです。

年内は無理でも来年には開店していそうですね。

まとめ

最初は怖いもの見たさがありますが、

今後食糧難になるかもしれないことを考えると、

とてもよいアイデアだと思います。

私たちが知らない未来もしくは近い未来は

当たり前になってるかもしれません。

櫻井・有吉THE夜会」(TBS)22:00~にて

長澤まさみさんが「昆虫ラーメン」を

絶賛される様なのでどんなものなのか。

気になります。

スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする