松山ケンイチが農業をするきっかけは?場所や家族も移住した?

松山ケンイチが農業をするきっかけは?場所や家族も移住した?

俳優・松山ケンイチさんが2018年に村に引っ越し、畑を耕す毎日を送っていることが話題になりました。
農業に目覚めた松山さん。

・松山ケンイチさんが農業をするようになったきっかけは何でしょうか?
・どこに場所に移住したのでしょうか?
・家族も一緒に移住し、反対はなかったのでしょうか?

 

気になりましたのでまとめてみました!





松山ケンイチが農業をするきっかけは?

 

松山さんといえば、実力派俳優でカポエラなどの特技も持っているので舞台などのアクションもできる人(だと思っています)。

 

 

そんなイケイケゴーゴー状態な松山さん。
なぜ、農業をしようと思ったのでしょうか?

 

東京での生活は近所に気を使う。
騒音、子どもの走り回る音。
もちろんルールを無ければだめ。
しかし、そのルールから開放された生活をしてみるのもいいかも。といった考えから移住を決意されたそうです。

 

自然の中で暮らしてみたいという思いは、上京してすぐ思ったそうです。

理由としては、電車の移動がきつい、車も混んでる、便利なようで便利ではない。
遠いところに通わなくてもいい生活は、畑がすぐ収穫でき、猟で肉を手に入れる生活を子供は知るべきではという考えもあったようです。

 

確かにマンションで暮らしていると、気を使って昼間で子どもが走り回っても夜仕事の人が下に住んでいる場合、寝ているので苦情があったりして、生活スタイルが違うときついですね。

 

気持ちはわかります。
虫が嫌いなので農業はきついですが。





どこに場所に移住した?

松山さんはどこの村に移住したのでしょうか?

 

2018年に北日本の雪深い村に一軒家を購入にしたそうです。

 

村の名前などはプライベートなのでわかりませんが、松山さんが青森出身なのでその辺りなのではないでしょうか。

 

家族も一緒に移住?反対はなかった?

 

家族も2018年の時に一緒に移住していますが、
移住するときに、家族の反対はなかったのでしょうか?

 

反対されていたかはわかりませんが、妻である小雪さんと相談し移住をされたとのことです。
もしかしたら、仕事のことや学校のことなども考えて小雪さんは反対された可能性はありますね。

 

2重生活は子育てにいい影響をあるようで、松山さん自身も子どもの頃の気持ちを思い出して一緒に秘密基地を作って遊んでるそうです。

 

なぜか子どもの頃って秘密基地作るの好きですよね。
自分たちだけの場所って、やっぱり子ども大人問わず好きですよね。





まとめ

 

松山ケンイチさんが農業するきっけかは、

東京の住み心地の悪さ。
移住先は北日本、おそらく青森当たりなのでは。
家族の反対はあったかもしれませんが、妻の小雪さんと話し合い決めたとのことでした。

 

松山さんは数年はこの生活を続けられるそうで、家と仕事場の往復になってしまって、東京に居続けることの違和感がやがてストレスになっているので村でリフレッシュをして仕事を続けられるそうです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。