おぎぬまX(芸人)漫画家のために開催した大会とは? 修行の内容が厳しすぎ!

ギャグ漫画家の登竜門・赤塚賞で29年ぶりの入選者になった漫画家兼芸人

おぎぬまXさん。

画力ひどいと言われ続け芸人になりが売れず、心機一転して

ギャグ漫画家を志すため「1年以内に雑誌の賞をとる!」とブログで宣言!

気になりました。

おぎぬまXとは?

生年月日 1988年1月26日

出身地 東京都

受賞 第91回赤塚賞入選

作品 『だるまさんがころんだ時空伝』

受賞暦

2019年12月、第91回赤塚賞入選「だるまさんがころんだ時空伝」

2019年12月、第22回にいがた漫画大賞 【一般部門 コママンガの部】奨励賞「おぎぬまX 4コマワークス」

2020年3月、ジャンプ小説新人賞2019【小説フリー部門】銀賞「地下芸人」

中学生、漫画『キン肉マン』がきっかけで漫画家を目指すことを決意。

高校3年生の夏、ある出版社に渾身の漫画作品を持ち込むが滅多打ちに。

出版社に持ち込みを続け4年。ついに「画力がひどい。画家じゃなくて違う道を探せば?」心を折られるようなダメ出しを食らってしまう。

大学の友人に「一緒にお笑いやらないか」と誘われ芸人に。

有名になれば漫画もうまくいくのではと考え、コンビを結成。

しかし芸人としても売れないことを悟り心機一転、夢のギャグ漫画家を志すため「1年以内に雑誌の賞をとる!」とブログで宣言。

漫画家も芸人もコンビニ並みにいる時代。

芸人も甘くないし、漫画家も甘くないということですね。

赤塚賞とは?

日本の漫画賞。

集英社が主催する少年向けギャグ漫画の新人募集企画。

昭和49年に始まったギャグ漫画の新人賞。

生前は赤塚不二夫さんが審査員長もしていた。

年に2回行われている。

「入選」「準入選」「佳作」の順に賞が並ぶが、、該当者がいるのは珍しい賞とのこと。

おぎぬまXさんの以前に受賞した人は平成2年八木教広さんの作品「UNDEADMAN」。

令和になった今現在を考えると、だいぶ前なのを実感。

スポンサードリン

漫画家になるため修行!

おぎぬまXさんは、様々なキャラクターを作り出し、多くの賞に応募。

たくさんの出版社にも持ち込んだが、どこに行っても編集者から「画力がひどい」と言われ、相手にされない。

そこで、漫画の基礎である“4コマ漫画”を勉強。

山籠もり、ホテル籠りをして断食、さらには樹海で、

「100本の4コマ漫画を描き終えるまで帰らない」修業を積む。

山にこもり、断食し、さらには樹海。

出典:https://ameblo.jp/rel=”nofollow”/oginumax/entry-12266521854.html?frm=theme

その時の精神は向こう側に行ってそうですね。

ある大会を開催!

編集者からは見向きもされなくなっていたため、自分で自分の力を証明しなければ…と考えた、おぎぬまXさん。

4コマ界で最強になり、編集者も無視できない存在になろうと考え、漫画家たちを巻き込んだ“ある大会”を開催。

その大会とは、

4BT(4コマバトルトーナメント)!

4BT(4コマバトルトーナメント)とは?

出典:Twitter

マンガ家たちを集めて『誰が最強か!?』を決める一夜限りの4コマトーナメントを開催する…!!

続々と集う豪華出場者たち…!!

果たして、勝つのは誰だ…!?

第1回4BT(4コマバトルトーナメント)開幕…!!!!

1回目はこのような内容で開催。

同じお題の4コマを持ち寄り、もしくはその場で描きあいし

1対1で対決する戦いのようです。

投票はTwitterなどで投票されるようです。

この大会のおかげで、「目に映るもの全てを4コマにできる能力」が開花したようです。

緊張感あふれる試合ですね。

まとめ

テレビ朝⽇系24局「激レアさんを連れてきた。

3月7日(土)午後10時10分より

おぎぬまXさんが出演!

他にどんな話が聞けるのか。

スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする