ダウントンアビー6(海外ドラマ)全話1話~10話(最終回)見逃し配信で無料動画視聴!

海外ドラマ「ダウントンアビー6」が動画配信サービスで配信中!

あらすじは?
キャストは?
どこで視聴できる?

気になりました。

「ダウントンアビー」とは?

カーニヴァル・フィルムズとマスターピースによって共同制作された歴史時代劇。

2010年9月26日にイギリスのITVで放送が開始され、2011年1月9日にアメリカ合衆国のPBSでマスターピース・クラシック名作集の一環として放送された。
2015年に終了。

『ダウントン・アビー 〜貴族とメイドと相続人〜』はスター・チャンネルで一時期に使用された邦題であり、NHKでの邦題は『ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館』である。

製作会社のカーニヴァル・フィルムでは、エドワード朝期のカントリー・ハウスでのドラマの構想を持ち、同時代の貴族と使用人を描いた『ゴスフォード・パーク』でアカデミー脚本賞を得ていたジュリアン・フェロウズにアプローチ。

ダウントン・アビーの屋内シーン、および館を背景とした野外シーンはハンプシャーのハイクレア・カースルで撮影。

あらすじ

イングランド北東部、ヨークシャーのダウントン村にあるカントリー・ハウス「ダウントン・アビー」。
その持ち主のロバート・クローリーは、グランサム伯爵でありクローリー家当主。

彼には先代グランサム伯爵夫人である母バイオレット、アメリカの富豪の娘である妻コーラ、妻との間に生まれたメアリー、イーディス、シビルの三人の娘がいる。

当時の法律では、最近縁の男系男子一人だけに爵位と財産のすべてを相続させる「限嗣相続制」が定められていたため、ロバートの後継ぎはいとこのジェームズであり、娘たちは爵位も財産も継ぐことはできない。

そこで長女のメアリーはジェームズの一人息子パトリックと婚約し、財産と爵位は子孫が継ぐ予定であった。

シーズン6のあらすじ
1925年、制度や社会情勢の変化で多くの貴族の財政が破綻する中、伯爵家も使用人の削減を検討し、副執事のトーマスは新たな職を探す。
モールズリーは辞職して教職に就く。
イーディスは出版社の経営に深く関わるように。
バイオレットとイザベルは地元の病院の買収を巡って争い、コーラがイザベルの味方につく。
スポンサードリン

キャストは?

ロバート・クローリー 役
ヒュー・ボネヴィルさん

コーラ・クローリー役
エリザベス・マクガヴァーンさん

メアリー・クローリー 役
ミシェル・ドッカリー

イーディス・クローリー役
ローラ・カーマイケルさん
バイオレット・クローリー役
マギー・スミスさん

イザベル・クローリー 役
ペネロープ・ウィルトンさん

ローズ・マクレア役
リリー・ジェームズさん

トム・ブランソン役
アレン・リーチさん

トーマス・バロー役
ロブ・ジェームズ=コリアーさん

どこで視聴できる?

視聴するなら、

→こちらから

31日間無料!
日本最大級の動画サービス!

見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

600円分のポイントプレゼント!

※本ページ情報は2020年4月現在のもです。
最新の配信状況はU-NEXTにてご確認ください。

まとめ

・ドラマの舞台は1912年から1925年のイギリス、ヨークシャーの架空のカントリー・ハウスであるダウントン・アビーで、当時の史実や社会情勢を背景の物語。

・主演はヒュー・ボネヴィルさん、エリザベス・マクガヴァーンさんなど。

・視聴するなら、

→こちらから

31日間無料!
スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする