三田明は御三家ではなく四天王!御三家の因縁とは?【新説!所JAPAN】

$三田明オフィシャルブログ「Akira’s Life Blog」Powered by Ameba

出典:https://ameblo.jp/rel=”nofollow”akira-mita/

元祖・昭和の御三家といえば西郷輝彦さん、舟木一夫さん、橋幸夫さん
でしたが、その時同年代で三田明さんもとても人気があり
御三家込みで三田さんをいれ四天王と言われていたそうです。

実力は御三家の上をいっていたともいわれる
三田明さん。

気になりました。

三田明さんのプロフィール

生年月日 1947年6月14日
出身地 東京都

・1962年 日テレ・オーディション番組
『味の素ホイホイ・ミュージック・スクール』にて
作曲家・吉田正さんに認められ、芸能界へ。
・1963年 『美しい十代』で歌手デビュー。
・1964年 同名の映画で初主演。
・1964年~1969年 『紅白歌合戦』に6年連続出場。
・三島由紀夫さんは三田明さんの大ファン。
・1971年 所属事務所、倒産。
マネージャーが勝手に三田さん名義で多額の借金を作り失踪。
・借金返済のため日本全国の巡業をした。
・1972年 日本航空351便ハイジャック事件に乗客として遭遇。
熟睡していたため、事件のことを何も語れなかった。
・1970年代 NETテレビ『象印スターものまね大合戦』など
「スターが他のスターのものまねをする番組」で常連だった。
・1979年 自宅火災で顔面に大やけど。
・1985年 結婚。
・2001年 萬成プライムキャピタル証券(現・ばんせい証券)の
CMに平安貴族スタイルで出演。
・2004年 第46回日本レコード大賞功労賞を受賞。
・2012年 デビュー50周年。

代表曲

・1963年 美しい十代
・1964年 友よ歌おう
・1965年 燃ゆる白虎隊
・1966年 牛若丸
・1967年 カリブの花
・1968年 ブルーシャーペン
などなど多数の代表曲がある。

スポンサードリン

四天王と呼ばれていた。

御三家に比べると後発のイメージがあるそうですが
全国歌謡ベストテンでは10曲以上の歌が1位に
あったそうで御三家以上に大健闘されていたとのこと。

御三家とはいいライバル関係を気づいていたとのことで
現在はなんでも話し合えるよき仲間となっているそうです。

因縁がありと聞いていたのですが、
因縁話がでてきませんでした(笑)
どこにいった因縁。

2枚目歌手だと思われていたのが、ものまねにて。

当時、超2枚目歌手だと思われていた
三田さん。

しかし、森進一さんのものまねで、顔をゆがめ
ものすごい格好になっているのをみて
観客・視聴者はどよめいたが
一転して大爆笑だったそうです。

十八番は橋幸夫さんの「潮来笠」。
ものすごく歌声が似ていたそうです。

これは、橋さんとは因縁があったのでは・・・。

【新説!所JAPAN】にて。

日本語には『3』にまつわる言葉がたくさん。
御三家もその一つ。

御三家にはいれなかった三田明さんが
「大人の事情」を話し、橋幸夫さんとの
当時のの因縁が勃発。

所ジョージさんも興味深々。

スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする