アイフィールプリティ(映画)名言とは?あらすじやキャスト出演者吹替えは?

映画「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」は、
笑って、泣いて、元気になれる!超絶ポジティブ・ラブコメディ!
である映画。

映画「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」とは、
2018年のアメリカ合衆国のコメディ映画。
監督はアビー・コーンさんとマーク・シルヴァースタインさんで、本作が初の監督作品。

気になりました。

映画「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」名言

映画が好きなスピードワゴンの小沢一敬さんが名言を選んでいました。

『”美人になること”が夢なんて悲し過ぎる』
「コンプレックスがあると上手に笑えなくなるだけで、笑えば全員かわいい、だから、お客さんを笑わせられる俺らの仕事は、マジで最高の仕事」「『周りにブスが多い』って思ってる男は、それは自分のせい」と語っていた小沢さん。
そう言ってくれると自信がない女子は嬉しくなります!

「子どもの頃は――誰もが自信に満ちてる」
この後にラストに続くのでネタバレになるので書きませんが、小沢さん曰く「マジで涙出てきたよ」と語っていました。
確かに子どもの頃は自信があり、大人になるとなくなっている。
どこにいってしまったのか。

他にも名言がありましたが、ネタバレになるので控えます。

スポンサードリン

映画「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」あらすじ

レネー・ベネットは、ぽっちゃりでサエない容姿を気にして、自分に自信が持てない。
高級コスメ会社リリー・ルクレアのオンライン部門に勤めているが、美しい社員たちが勤める華やかな本社ではなく、チャイナタウンの地下の小部屋においやられ、サエない毎日を送っていた。

ある日、レネーは一念発起し、痩せるためジムに通い始める。
しかし、トレーニング中にバイクから転落!
その勢いで頭を強打し、失神してしまう。
目が覚めたとき、レネーは自分の異変に気づく。
なんと絶世の美女に変身していたのだ。しかし、それはレネーの思い込みであり、実際は何一つ変わっていなかった―。

映画「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」キャスト吹替えは

レネー・ベネット
役者:エイミー・シューマーさん
吹替え:渡辺直美さん

エイヴリー・ルクレア
役者:ミシェル・ウィリアムズさん
吹替え:園崎未恵さん

グラント・ルクレア
役者:トム・ホッパーさん
吹替え:加瀬康之さん

イーサン
役者:ローリー・スコーヴェルさん
吹替え:宮内敦士さん

メイソン
役者:エイドリアン・マルティネスさん
吹替え:川津泰彦さん

マロリー
役者:エミリー・ラタコウスキーさん
吹替え:木下紗華さん

ヴィヴィアン
役者:エイディ・ブライアントさん
吹替え:堀越真己さん

ジェーン
役者:ビジー・フィリップスさん
吹替え:朴璐美さん

リリー・ルクレア
役者:ローレン・ハットンさん
吹替え:唐沢潤さん

ターシャ
役者:サシーア・ザメイタさん
吹替え:清水はる香さん

ヘレン
役者:ナオミ・キャンベルさん
吹替え:仲村かおりさん

まとめ

映画「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」
笑って、泣いて、元気になれる!超絶ポジティブ・ラブコメディ!

名言
『”美人になること”が夢なんて悲し過ぎる』
「子どもの頃は――誰もが自信に満ちてる」など

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング [ ミシェル・ウィリアムズ ]
価格:3344円(税込、送料無料) (2020/9/13時点)

楽天で購入

スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする