森七菜が上京時に驚いたことは?電車と食べ物にカルチャーショック!

森七菜が上京時に驚いたことは?電車と食べ物にカルチャーショック!

女優・森七菜さんといえば、新海誠監督のアニメ映画「天気の子」で2000人のオーディションからヒロイン役に抜擢され、映画「ライアー×ライアー」でSixTONESの松村北斗さんとW主演でも話題となりました。

 

そんな森さん、上京した時に驚いたことがあるそうです。
上京時に驚いたこととは何でしょうか?

 

気になりましたでのまとめてみました。




森七菜が上京時に驚いたことは?

2020年に大分高等学校を卒業し、上京してきた森さん。
そんな森さんが驚いたことは、

 

電車。

 

大分では車両が通常2車両が普通とのこと。
※他の大分の場所では違うかもしれませんが。

 

上京した時にホームのアナウンスで、「次は短い8両編成で参ります」と言われて驚いたそうです。
東京だと12両編成とか普通にあったりしますね。
だからといっても、8両は短くない気はしますが。

 

この時、芸人の千鳥・大吾さんも共感し、「東京は毎日が祭りなのかと思った。昼間に大人が外出してるので」とのこと。
大吾さんは岡山出身。

 

しかし、昼間に大人が外出しているのが珍しいのが逆に驚きました。
仕事によってもは、営業など外回りの仕事もある気がするのでそんなことないような気もするのですが、やはり地域差ってあるのですね。




食べ物にもカルチャーショック!

森さんは上京して他に驚いたことがあるのでしょうか?

 

いろんな物がいっぱいあること。

食べ物に驚いたようですが、どういった意味で驚いたのかまではわかりませんが、外食する場所が多くて驚いたということではないでしょうか。

 

地方の方が、大きなスーパーーやアウトレットがあるイメージがありますが、人から聞いた話によると、外食できる場所が、デニーズと31アイスクリームしかないという話を聞いたことがあります。

 

空が狭い。

これはよく聞きますね。
やはりビル群ばっかりの東京。
確かに空が狭く感じるかもしれません。

 

季節の変わり目の匂いがしない。

これは感覚かもしれないのでわかりませんが、春や秋がなく、一気に夏、一気に冬にいくっと行った感じでしょうか。

 

女子高生が首に扇風機をかけている。

確かにこれは驚くかもしれません。
大分はまだ涼しいのかもしれませんが、東京はマジ亜熱帯といってもいい温度に達しますので扇風機を首にかけている女子高生がいたりしますが(流行りで廃れる可能性も)、大分では必要ないのではないでしょうか。

まとめ

女優・森七菜さんといえば、新海誠監督のアニメ映画「天気の子」で2000人のオーディションからヒロイン役に抜擢され、映画「ライアー×ライアー」でSixTONESの松村北斗さんとW主演でも話題となりました。

 

そんな森さん、上京した時に驚いたことがあるそうです。
上京時に驚いたこととは何でしょうか?
→電車の車両が長い、物が多い、食べ物(外食)が多い、空が狭い、季節の変わり目の匂いがしない、女子高生が首に扇風機がかかっている。

 

もしかしたら他にも多数あるのかもしれません。
こんなジャングル地帯(?)な東京ですが、森さんのこれからの活躍期待してます!