スポンサーリンク

田口愛が代表のガーナ産・マーハチョコレートの意味は?お店の場所は?

バラエティ番組

テレ朝の番組「激レアさんを連れてきた。」でガーナ産のチョコレートを販売する「MAAHA CHOCOLATE(マーハチョコレート)」の代表の田口愛さんが出演!
そのことから田口さんが代表する「MAAHA CHOCOLATE(マーハチョコレート)」
の意味やお店についてです!

田口さんは19歳にガーナに単身行き、
4年間で高品質のカカオを輸入し始めました。
高品質のチョコも食べたいですし、「MAAHA CHOCOLATE(マーハチョコレート)」の意味も気になります!

 

「MAAHA CHOCOLATE(マーハチョコレート)」と店の場所をまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

「MAAHA CHOCOLATE(マーハチョコレート)」意味とは?

「MAAHA(マーハ)」の意味はガーナの言葉で、
挨拶の言葉です。

 

そう意味では日本だと「こんにちは」。
英語だと「Hello」にあたる言葉です。

 

「境界線を溶かすチョコレート」というキャッチコピーの「MAAHA CHOCOLATE(マーハチョコレート)」。
それを考えると挨拶の言葉があっていますね!

 

ガーナ産の「MAAHA CHOCOLATE(マーハチョコレート)」。
高品質にのカカオということでどんなチョコなのか食べてみたいです!

 

店の場所はどこなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

店の場所は?

店の場所は調べてみましたが、百貨店などの催事場で期間限定でしているようです。
過去には西武池袋、Paul Stuart、天満屋、日本橋三越、新宿伊勢丹で販売していました。

 

今後の新しい情報は出ていないので、今のところお店で販売する予定はないようです。

 

通販がメインとなっています。

 

スポンサーリンク

 

通販が

調べてみたところ、通販がメインで販売していました。

 

販売している種類はこちらとなっています。

 

・チョコタブレット
シンプルなガーナ産の板チョコ。
ミルク、ホワイト、オリジナル

 

・スペシャルタブレット
フルーツやナッツが入っているガーナ産のチョコ。
キャラメルぜナッツ×イチジク、ベリー×ピスタチオ、シトラス×アプリコット

 

・カカオテリーヌ
ねっとりとした食感と濃厚なカカオとなっています。

 

高品質のカカオ通販で買って食べてみたいですね!

通販はこちらから

 

高品質のカカオと言われていますが、ガーナといえばカカオといったイメージ。
品質が悪かったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

ガーナ産のカカオは品質が悪かった!

田口産は単身にガーナに行き、日本に戻ってきた時に言われてたのが、
ガーナ産のカカオは品質が悪いこと。

 

実はガーナのカカオはサイズがバラバラ、発酵の具合も均等ではありませんでした。
他の産地のものと比べるとどうしても価格が安くなってしまうのです。

 

そのことにショックを受けた田口さん。

 

品質を高くし満足の価格で買い取ってもらえるようにするために、いろいろな場所を回りました。

 

カカオの味の決め手は「発酵」でした。
ガーナ以外の整備された農園では専用施設を設け、様々な工程を分業にしていました。
しかしガーナでは難しい。
そのため、木や石を除くところから始めました。
さらにカビが生えないようにカカオをしっかり乾燥させ、発酵にムラがないようにかき混ぜ、酸味が出過ぎないように発酵の具合を調節することにしたところ品質が上がりました。

 

手間ひまがかかっているチョコレート。
興味がある人は食べて確かめてみたいですね!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

田口愛が代表のガーナ産・マーハチョコレートの意味は「境界線を溶かすチョコレート」のキャッチコピーにピッタリなガーナの言葉で挨拶の言葉となります。
お店の場所はないようで百貨店の催事場で期間限定で販売しています。
通販がメインとなります。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
バラエティ番組
map2をフォローする
気になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました