ベネチア映画祭OP作品「真実」の動画はいつ観れる?【是枝監督作品】

出典:https://news.livedoor.com/rel=”nofollow”article/image_detail/16793734/?img_id=21762385

8月28日にイタリアで開催されるベネチア国際映画祭。
コンペティション部門のオープニング作品が
決定。

是枝監督の「真実」

気になりました。

是枝監督のプロフィール

是枝祐和(これえだ ひろかず)さん

生年月日 1962年6月6日
出身地 東京都

・母親が映画好きのため、子供の頃から池袋の
映画館で様々な映画を鑑賞。
・TV作品ではウルトラマンやセブンに描かれた怪獣や宇宙人に
差別や戦争のメタファーを託した作品に影響を受ける。
・早稲田大学第一文学部文芸学科に進学。
・大学時代にフェデリコ・フェリーニさんの映画を観て衝撃を
映画館に足を運ぶ日々が続く。
・1987年 番組制作会社テレビマンユニオン入社。
・「遠くへ行きたい」「アメリカ横断ウルトラクイズ」
「世界ふしぎ発見」などのADとして毎日怒られる。
・90年代 フジテレビ「NONFIX」でドキュメンタリー番組を
手がけるようになる。
・ドキュメンタリー1作品目「しかし・・・福祉切り捨ての時代に」
ギャラクシー賞を受賞。
・長野県の小学校ドキュメンタリー「もう一つの教育~伊那小学校春組の記録~」
・1995年 映画「幻の光」監督デビュー。
第52回ヴェネチア映画祭・金のオゼッラ賞。
・2作品目 映画「ワンダフルライフ」
・2001年 映画「DISTANCE」カンヌ国際映画祭コンペティション部門初出品。
・2004年 映画「誰も知らない」
・2008年 映画「歩いても歩いても」
・2009年 映画「空気人形」初漫画を原作にした作品
・2013年 映画「そして父になる」
・2018年 映画「万引き家族」

最近では「万引き家族」でカンヌ国際映画祭で最高賞となる
パルム・ドームを受賞している。

スポンサードリン

作風は?

是枝監督は、記憶と想像と観察力のバランスを重視し
「誰かを悪者として描くことをしない」スタンスを
一貫しています。

私のイメージ的に是枝監督の作品は硬派と言うか感動というか
泣けてくるイメージが強く、
この人の立場はこう、この人の立場はこう
といったことを丁寧に描くイメージがあります。

今回の作品「真実」はいつ観れる?

ベネチア国際映画祭で公開される「真実」

一般に公開されるのは10月11日より全国公開されるとのこと。

動画として観れるようになるのは
いつかはまだ調べても出てきませんでした。
大分先だと思いますので
大画面の映画館で余すことなく
是枝監督の作品につかれます。

是枝監督の最新作品の映画を待てない人は?

是枝監督のの最新作を待ちきれない人は
最初に過去の作品をみて我慢しましょう。

U-NEXT

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信!
スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

◆現在31日間無料トライアル◆
 1 見放題作品が31日間無料で視聴可能!
   一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能。
   最新作はレンタル配信(個別課金)となります。
   
 2 600円分のポイントプレゼント!
   DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
   最新コミック・書籍の購入に使用可能!

 3 追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

※本ページ情報は2019年7月現在のもです。
最新の配信状況はU-NEXTにてご確認ください。

レンタル配信の場合は登録時にプレゼントされた600円分のポイントを使えば
割引又は無料で視聴できます。



スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする