天城越え(NHKドラマ)再放送はいつ?あらすじやキャスト出演者は?

スポンサードリン
「よみがえる伝説のドラマ」にてNHKドラマ「天城越え」が再放送!

再放送はいつ?
あらすじは?
キャストは?

気になりました。

「天城越え」とは?

原作は、松本清張さんの短編小説。
1959年12月に、単行本『黒い画集2』収録の1作として、光文社から刊行。

1983年に松竹で映画化、また1978年に日本放送協会(NHK)で、1998年にTBSでテレビドラマ化されている。

本作は、1978年に日本放送協会(NHK)放送された。

大正末期、天城峠で男の死体が発見される。その時峠を越えていた3人の男女。
家出した少年、娼婦のハナ、流れ者の男。
ハナにほのかな恋心を抱いた少年のいちずな心が3人の運命を変えてゆく。

再放送はいつ?

「天城越え」
NHK BSプレミアム
6月27日(土) 21時~
再放送!

スポンサードリン

あらすじは?

三十数年昔のこと、16歳の私は、はじめて天城を越えた。
私の家は下田の鍛冶屋であったが、なんとかしてよその土地に出ていきたいと思っていた私は、静岡にいる兄が羨ましくてならず、6月の終わりに、かねてからの希望を決行する気になった。

天城のトンネルを通り抜けると、別な景色がひろがっていた。
私は、「他国」を感じた。

湯ヶ島まで来たときには、もう夕方近くなっていた。
向こうから、一人の大男が歩いてきた。一目で、他所者だと分かった。
「あれは、土方だね。ああいうのは流れ者だから、気をつけなければいけない」と、呉服屋から言われた。
静岡に行く元気がなくなった私は、下田に引き返す決心をした。

すると、そのとき、修善寺の方角からひとりの女が歩いてくるのが目についた。
私は、その女が過ぎてから足の向きを変え、あとを歩いた。

「そいじゃ、ちょうどいいわ。下田までいっしょに行きましょうね」。

私は自分でも顔のあかくなるのを覚えた……。

キャストは?

大塚ハナ:大谷直子さん

土工:佐藤慶さん

少年:鶴見辰吾さん

田島刑事:津田恵一さん

山田警部補:玉川良一さん

江藤署長:鈴木智さん

湯ヶ島署巡査:東治幸さん

下田署の巡査:小野泰次郎さん

巡査:大久保正信さん

大島署の刑事:小篠一成さん

大島署の刑事:菊池凡平さん

大島署の刑事:根元和史さん

佐藤留吉:宇野重吉さん

田島老人:中村翫右衛門さん (3代目)

あいまい屋の女将:阿部寿美子さん

あいまい屋の客:梅津栄さん

菓子屋:荒井注さん

呉服屋:柳谷寛さん

土建屋:大塚周夫さん

視聴するなら?

BSプレミアムをお得に視聴するなら、
スカパー!基本プラン

加入月は無料!

1チャンネルから選べて、月ごとに契約変更もできます。
ご自宅のテレビやレコーダーで簡単に楽しめます。
録画も簡単で、DVDにコピーすることもできます。

まとめ

・「天城越え」
NHK BSプレミアム
6月27日(土) 21時~

・家出少年と娼婦、そして無口な土工、天城峠で偶然出会った3人の旅は殺人事件で終わりを告げる。大正時代の事件を追う刑事の回想から始まり、しだいに真相が明らかにされていく。

・キャストは大谷直子さん、佐藤慶さん、鶴見辰吾さんほか。

スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする