福岡堅樹が医師になりたいのはなぜ?卒業後はスポーツドクターになる?

福岡堅樹が医師になりたいのはなぜ?卒業後はスポーツドクターになる?

現役最後の試合に優勝し、有終の美を飾ったラグビー選手・福岡堅樹さん。
引退後は受験で受かった順天堂大学に入学し医師を目指さすことを発表されています。

福岡堅樹さんは医師になぜなりたいのはなぜ?
理由や引退後はそのまま医師になるのか?
ラグビー監督になる可能性は?

 

気になりましたのでまとめてみました!





福岡堅樹が医師になりたいのはなぜ?

ラグビーで華々しい活躍を見せた福岡堅樹さん。
引退後はなぜ医師の道を目指すのでしょうか?

 

それは祖父が内科の開業医、父が歯科医という家庭で生まれ育ったからだそうです。
そこから憧れが生じました。
その、憧れから福岡さん自身が高校2年の夏にひざに大けがを負い、手術を執刀した医師から復帰へ向けて心身両面で感銘を受けて目標になったそうです。

 

家庭環境からなりたいのかと思いましたが、自身の怪我がきっかけで医師になりたいと思ったんですね!

 

しかし、現役である学生時代の時は医師になるための大学は入らなかったのでしょうか?





実は落ちていた!

現役の学生時代には医学部を目指したそうですが、
残念ながら落ちてしまったそうです。

 

一浪をして、筑波大学情報学群に合格し、ラグビー部に入部されたそうです。

挫折も味わっているのに再度、医師になろうと勉強し直して合格するのはすごいです!





卒業後はスポーツドクターになる?

祖父が内科医で父が歯科医。
しかし、ラグビーでは華々しい経歴がある福岡さん。
今後は医師として、大学を卒業したあとはどうするのでしょうか?

 

もしかしたら、ラグビーのスポーツドクターチームドクターになる可能性があるかもしれないですね。

 

高校生の時に怪我をし感銘を受けた福岡さん。
福岡さん自身は何科の医師を目指すのかを、まだ決めてない状態ですが、同じ選手の稲垣啓太さんが福岡さんに治療してもらう日が来るかもしれないと語っていたことからもその可能性は拭えないですね。

 

選手の気持ちがドクター。
チームには心強いサポーターですね。

 

しかし、祖父が内科医のことから最初のきっかけである家族の後も継ぐ可能性はありますね。
将来の夢は無限大ですね!





まとめ

・福岡堅樹が医師になりたいのは、それは祖父が内科の開業医、父が歯科医という家庭で生まれ育ったからだそうです。
そこから憧れが生じました。
その、憧れから福岡さん自身が高校2年の夏にひざに大けがを負い、手術を執刀した医師から復帰へ向けて心身両面で感銘を受けて目標になったそうです。

 

・まだ、何科の医師を目指すのかを決めてない状態ですが、チームドクターになったら心強いですね!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!