五十嵐カノアがサーフィンを始めたきっかけは?父親の影響!

五十嵐カノアがサーフィンを始めたきっかけは?父親の影響!

東京五輪で銀メダル以上が確定したサーフィン男子に出場している五十嵐カノアさん。
台風が来ていいるなか空中に飛び出し360度回転する大技、「エアリバース」を決めて逆転入賞をしたとのことでした!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kanoa Igarashi(@kanoaigarashi)がシェアした投稿


そんなサーフィングで大技を決めた五十嵐カノアさん。
五十嵐カノアさんがサーフィンを始めたきっかけは?

 

気になりましたのでまとめてみました!

 

 

五十嵐カノアさんがサーフィンを初めたきっかけは?

五十嵐さんがサーフィンを初めたきっかけは、お父さんの勉(ツトム)さんの影響です。
初めた年齢は3歳からでした。

 

やはり海など何かスポーツが好きな親がいますと子どもも影響受けますよね。

 

子どもの頃から父親の影響を受けてサーフィンを初めて、6歳の時にはローカルコンテスト「Kids For Clean Waves」で優勝しています。

 

 

最年少でアメリカチームに!

アメリカのカルフォルニア州生まれの五十嵐さん。
当時アマチュアUSAコーチに認められ最年少9歳でUSAチームに所属したそうです。

 

弱冠9歳で認められるのはすごいですね!
サーファーにとっては夢のような出来事なのかもしれません。

 

 

父はアーティスト!

お父さんの影響からサーフィンをしているカノアさん。
お父さんもサーフィンの選手だったのでしょうか?

 

カノアさんのお父さん・ツトムさんは、アーティストであるようで若い頃より写真やポップアートにも精通している芸術家です。
実はカノアさんのボードにもツトムさんがグラフィックを描いているようです。

 

サーファーではありませんが、アーティストと言われると思いっきりインドア派のような気がしますがもしかしたらアーティストの人は感性が重要だと思われるのでアウトドアの人も多いかなと思いました。

 

 

五十嵐カノアのプロフ

生年月日 1997年10月1日
出身地 アメリカ・カルフォルニア州
身長 180cm

 

名前の「カノア」はハワイの「自由」から由来しています。
語学も堪能で英語、日本語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語が話せます。
家族は両親と弟の4人。

 

2015年 アメリカのジュニアツアー年間1位。
クオリファイリングシリーズで年間7位。
そのため日本人では初のチャンピオンシップツアー参戦資格を獲得しています。

 

カノアさんはサーフィングでは日本人としては初のことをやり遂げていますね!

 

 

まとめ

五十嵐カノアがサーフィンを初めたきっかけはサーファーでもありアーティストでもある勉さんの影響からでした。

 

オリンピックのメダル。
ここまで来たら金メダルを期待してしまいますね。

 

卓球混合ダブルスでは金メダルを獲得しています。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!