モーリー・ロバートソン、バンドをしていた!ハーバード大学を卒業後の経歴は?

出典:https://barikan.net/rel=”nofollow”2017/11/25/post-12088/

モーリー・ロバートソンさんと言えば
良くクイズ番組でており
日本人よりも日本のことに詳しく
よく漢字のクイズに正解している
姿をよく見ます。

そんなモーリーさんは
過去にはバンドをしていたそうです。

ハーバード大学卒業後は何をしていたのか?

気になりました。

モーリー・ロバートソンさんのプロフィール

生年月日 1963年1月12日
出身地 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク

・スコットランド系アメリカ人医師の父親と
毎日新聞社の記者である日本人の母親の間に生まれる。
・生後2か月~幼稚園に通う頃までサンフランシスコ在住。
・1968年 父の転勤で広島県に移住。
・父は原爆傷害調査委員会(ABCC,現・放射線影響研究所)に勤務。
原爆患者の調査にあたる。
・小学5年までインターナショナルスクールで過ごす。
・1973年 広島市立五日市見ない小学校に転校。
・1975年 中学受験をし、男子進学校修道中学校にトップレベルで入学。
・父の転勤で修道中学校を2年生の1学期に中退。
・アメリカ・ノースカロライナ州チャペルヒルに転居。
・チャペルヒルの公立校に入学したが、デューラム市の私立校に転校し
1年飛び級した。
・1977年 父の転勤でサンフランシスコに転居。
・本人の強い希望で広島の修道高等学校に留学生として戻るも
ディスコに行くなどして不良のレッテルを貼られ、自主退学。
・母の実家にある富山県に母と弟と移住。
・富山県立高岡高等学校に聴講生で通学後、編入。
・この頃は、音楽が心の支えだった。
・近くの工業高校生とパンクバンドを組み市外でライブ活動をする。
・1981年 高校を卒業。
・1981年 バンドの宣伝になると思い、東大に入るために猛勉強し
東京大学理科一類に入学。
・ハーバード大学他の有名大学も合格していた。
・東大を4カ月にで中退し、ハーバード大学に入学。
・1988年 ハーバード大学を卒業。

スポンサードリン

ハーバード大学時代の生活、音楽に身を投じる決意。

東大を中退したのは、ひたすら頭に詰め込む受験時代を送り、
合格しても、今から勉強して人生を学ぶといった雰囲気がなく
失望したためとのこと。

ハーバード生活は自由だったが、勉強に対する尋常ではない量の
ノルマやタブーなき討論。
馴染んでいったが、2年後半に知的な体力を求められるのに
嫌になり、ミニマル音楽の第一人者フィリップ・グラスさんのライブをみたり、
ジョン・ケージさんと会話するなどをしていた。
このことからアートと実験音楽に身を投じることを決意。

この時に学内でパンクと即興演奏を組み合わせたグループを結成。

日本の大学も大変だったりしますが、
アメリカの大学はまた違った大変さがあるのだとすごく
思います。
知的な体力という言葉を自分の人生の中で使うことは
一生ないなと思いました。

卒業までに。

自叙伝を書いたがこれがヒットし、森光子さんの『3時のあなた』に出、
魔術師、霊能者を訪ねオカルト修行したり、バンドメンバーとのいざこざ
など、ある意味色んなイベントを経て、
ハーバード大学に復学。

電子音楽とアニメーションを専攻。
視覚環境学部に進んだ。

自叙伝は分かるのですが、魔術師や霊能者が不思議な感じですね。
オカルトの修行とはお坊さんの修行と同じようなものなのでしょうか。

ハーバード卒業後は。

その後は音楽関係の仕事をされていたみたいで、
DJモーリーと呼ばれ、ラジオやネット配信をしたり
執筆をしていたりテレビなどでも活躍されています。

スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする