ゴダイゴが銀河鉄道999のレコーディングが12時間!当時は多忙!

ゴダイゴが銀河鉄道999のレコーディングが12時間!当時は多忙!

解散をした後、再結成をしたゴダイゴ。
ガンダーラやモンキーマジックなどの数々の名曲を生み出しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴールデン☆ベスト ゴダイゴ [ ゴダイゴ ]
価格:2668円(税込、送料無料) (2021/8/19時点)

楽天で購入

 

 

 

ゴダイゴのヒット曲の一つ「銀河鉄道999」。
歌詞が届いてからレコーディングまでの時間がなんと12時間!
この短時間でやらなければいけないのはなぜだったのでしょうか?

 

気になりましたのでまとめてみました!

 

 

ゴダイゴが銀河鉄道999のレコーディングが12時間!

2021年6月に名曲「銀河鉄道999」がマクドナルドのCMに起用されたりと、令和の時代になっても色褪せない名曲の一つです。
さらにこの曲をオリジナル音源をデジタルミックスした「銀河鉄道999~シン・ミックス~」が7月21日より配信もされています。

 

この名曲が当時の1970年代後半の時に、歌詞が届いてから12時間でレコーディングを終わらせたことには驚きです。

 

なぜこんな短時間終わったのでしょうか?

 

それは当時ゴダイゴが多忙だったことが原因なのかもしれません。

 

 

当時は多忙!

三年近く全く売れず大変だったゴダイゴ。
最初のヒット曲は「ガンダーラ」。
そこから「ビューティフル・ネーム」「モンキー・マジック」などヒット曲を連発していきます。

 

そこから多忙を極めたようです。

 

「銀河鉄道999」はその多忙の時期に生まれた曲。
アニメ「銀河鉄道999」のテーマソングとして制作され1979年7月1日に11枚目のシングルとしてリリースされました。

 

多忙だったため、次の仕事のことなども考えて一晩、12時間で制作されたのではないでしょうか。

売れるのは嬉しいですど、我を忘れるほどの忙しさはきついですよね・・・。

 

 

歌詞ができてから曲を作る

「銀河鉄道999」の制作当時は歌詞をもらってからメロディーを作るような感じだったそうです。
歌詞を読んでいればメロディーができるような感じだったそうです。

 

プロデューサーからもらった歌詞と絵に描かれていた大きな車輪が動いてゆく、というイメージからメロディーが出来上がりました。

 

歌詞をもらって12時間で出来上がる。
昔、聞いた話ですがスガシカオさんが作詞した「夜空ノムコウ」も確か飛行機に乗っていた1、2時間でできた曲だったと思いますがそれを思い出しました笑

 

 

まとめ

ゴダイゴが銀河鉄道999のレコーディングが歌詞をもらってから12時間だったのは、おそらくものすごく多忙だったからではないかと思われます。
次の仕事のことを考えてのではないでしょうか。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!