攻殻機動隊SAC_2045(アニメ)主題歌の曲の歌手は? オープニングを作曲する音楽グループは?

2020年4月から全世界で配信されるNetflixオリジナルアニメシリーズである

「攻殻機動隊 SAC_2045」

オープニングテーマを担当するのはmillennium paradeに決定!

気になりました。

「攻殻機動隊 SAC_2045」とは?

1989年に「ヤングマガジン増刊 海賊版」(講談社)にて士郎正宗さんが原作漫画を発表。

アニメや映画ではそれぞれ少しずつ背景が違う。

士郎正宗さんの原作版、

押井守さんの映画、

神山健治さんの『S.A.C.』、

黄瀬和哉さんと冲方丁さんの『ARISE』、

時代設定や主人公草薙素子のキャラクター設定、

ストーリーなど多くの相違点があり、それぞれが原作を核とした別作品とのこと。

今回の「攻殻機動隊 SAC_2045」は「攻殻」史上初となるフル3DCGアニメーション。

神山健治さんと「APPLESEED」シリーズを手掛けた荒牧伸志さんによるダブル監督と

なっている。

「攻殻機動隊 SAC_2045」のあらすじ

2045年。

全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、

AIの爆発的な進化により、世界は計画的且つ持続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”へと突入。

だが人々が、AIによる人類滅亡への危機を日常レベルで実感できるまでには衰退の進んでいない近未来――。

内戦・紛争を渡り歩き、廃墟が横たわるアメリカ大陸西海岸において、傭兵部隊として腕を奮っている全身義体のサイボーグ・草薙素子とバトーたち元・公安9課のメンバー。

電脳犯罪やテロに対する攻性の組織に所属し、卓越した電脳・戦闘スキルを誇っていた彼女らにとって、この時代はまさにこの世の春である。

そんな彼女達の部隊の前に、“ポスト・ヒューマン”と呼ばれる驚異的な知能と身体能力を持つ存在が突如として現れる。

彼らは如何にして生まれ、その目的とは。大国間の謀略渦巻くなか、いま再び“攻殻機動隊”が組織される。

スポンサードリン

オープニングテーマの作曲は?

本作のオープニングテーマを作曲するのは、

「millennium parade(みれにあむ ぱれーど)

アニメをイメージしての新曲は「Fly with me」

日本のロックバンドKing Gnu・常田大希さん率いる音楽家集団。

常田大希さん自身もメンバー兼プロデューサー。

King Gnuはここ最近ですとドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』の主題歌「白日」

を歌っている。

本作のレコーディング参加者は、

作詞はボーカルも務めるermhoiさん

作曲および編曲は常田大希さん

HIMIさん(Vo)、

森洸大さん(Vo)、

長塚健斗さん(Vo / WONK)、

Yohchi Masagoさん(Tp)、

MELRAWさん(G, Sax)、

常田俊太郎さん(Violin)、

江崎文武さん(Key / WONK)、

新井和輝さん(B / King Gnu)、

宮川純さん(Organ)、

石若駿さん(Dr/ CRCK/LCKS、Answer to Remember)、

勢喜遊さん(Dr / King Gnu)

となっている。

まとめ

「攻殻機動隊 SAC_2045」の

オープニングテーマは「millennium parade(みれにあむ ぱれーど)

でした。

現在You Tube「Fly with me」を使用した予告編が一部公開!

本作も曲も全部見て聞くのが楽しみ!

スポンサーリンク













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする