戸田恵子の歌はうまい?音楽ユニット(panicrew)のメンバーは誰?

NO IMAGE

女優に声優、ナレーターに歌手など幅広く活躍する

戸田恵子さん。

アンパンマンの声優として知っている人も多のでは。

そんな戸田さんが、音楽ユニット「BackGammon」にて

歌を歌っていいました!

 

気になりました。

 

戸田恵子とは?

生年月日 1957年9月12日

出身地 愛知県

身長 154cm

血液型 O型

 

1974年に上京、16歳の時にあゆ朱美の芸名でアイドル演歌歌手としてデビュー。

歌手としては成功しなかったためリポートなどをしていた。

 

1977年、19歳の時に野沢主宰の「劇団薔薇座」へ研究生として入団。

ミュージカル『ミュージックマン』で葦原英了賞、

主演した『スイートチャリティ』で文化庁芸術祭賞(演劇部門)を受賞。

劇団の看板女優として活躍。

 

退団後の1989年には舞台『渾・身・愛』で第24回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。

 

1979年に実写版『眠れる森の美女』のオーロラ姫役で声優デビュー。

 

アニメ作品は、『無敵鋼人ダイターン3』がデビュー作。

『機動戦士ガンダム』のキャラクター・マチルダ・アジャン役で有名になる。

当初は『伝説巨神イデオン』『子鹿物語』など歌手としての色彩が強い出演作品が多かったが、次第に本格的な声優業にも進出。

 

『ゲゲゲの鬼太郎(第3作)』の鬼太郎役、

『きかんしゃトーマス』(フジテレビ放送シリーズ)のトーマス役、

『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン役として名を馳せる。

洋画吹き替えも多く担当し、ジュリア・ロバーツさん、ジョディ・フォスターさん、

シガニー・ウィーバーさん、

『Xファイル』のスカリー捜査官などを務める。

 

1994年 『毎日が夏休み』で女優として本格的デビュー。

 

1997年には三谷幸喜脚本作品の『総理と呼ばないで』で連続ドラマデビュー。

 

2012年、第六回声優アワード「高橋和枝賞」を受賞。

 

『機動戦士ガンダム』での共演をきっかけに22歳の時に池田秀一さんと結婚するが、

短期間で離婚。

1990年に俳優・井上純一と再婚したが、2006年12月に離婚。

これは世間にはほとんど知られず、2007年7月頃に女性週刊誌にて初めて知られた。

スポンサードリン

歌がうまい?

あまり歌手としてのイメージがない戸田さん。

『伝説巨神イデオン』のエンディング曲「コスモスに君と」の作曲家、すぎやまこういちさんは、

歌手としての戸田を「ただ歌手じゃなくて音楽家としてのね、素晴らしいものを持ってると思います」

と高く評価。

 

舞台で演技していることもあるので声の張りなども良いかと。

 

音楽ユニット「BackGammon」のメンバーは?

音楽ユニット「BackGammon」を組んでいた戸田さん。

 

メンバーは、ブレイクダンスの世界大会〈UKブレイクダンスチャンピオンシップ〉で世界一に輝き、ダンス・パフォーマンス・グループPaniCrewのメイン・ヴォーカルのほか、俳優、演出としてソロ活動も盛んな植木 豪さんと歌っていました。

BackGammon / Show Must Go On 【CD】

楽天で購入

 

また、9月25日(水)に1stミニ・アルバム『Show Must Go On』を発売。

アルバム収録曲「幸せに連れてって」のミュージック・ビデオが公開されている。

 

舞台共演がきっかけで、音楽・ダンス・ファッションのコラボレートが始まり、

戸田恵子ソロ・ライヴの演出、楽曲提供、オリジナル・ブランド“BGブランド”の立ち上げなど、さまざまなエンタテインメント活動をしている。

 

更に2020年1月24日(金)から26日(日)には東京・品川プリンスホテルにて、

BackGammonとしての初のライヴを開催されるようです。

 

まとめ

歌も上手く、PaniCrewの植木豪さんと音楽ユニット「BackGammon」を

組んでいた戸田さん。

今後も歌手や声優、女優として活躍されていかれるでしょう。