吉田えりが魔球のコツはモー娘。!ナックル投球の練習量は?

吉田えりが魔球のコツはモー娘。!ナックル投球の練習量は?

現在は栃木県小山市を拠点に新たに設立するエイジェックの女子硬式野球チームのチームディレクター(監督)兼選手として活躍する吉田えりさん(29歳)。
魔球「ナックボール」を投げることから、ナックル姫の愛称で女性初のアメリカ・男子独立リーグのチコ・アウトローズに所属し活躍し、その後関西独立リーグの野球選手としても話題となりました。

 

あなた
あなた
吉田えりさんは魔球のコツはモーニング娘。ことモー娘。の歌「Ambitious! 野心的でいいじゃん」から?

 

気になりましたのでまとめてみました。




吉田えりが魔球のコツはモー娘。!

無回転で打者に向かっていき、不規則に変化する「魔球」である「ナックルボール」。

 

そのコツは「モー娘。」の「Ambitious! 野心的でいいじゃん」とはどういうことなのでしょうか。


中学時代、吉田さんは男女の体格差から男子との力の差を感じてきていました。
そんな中、メジャーリーガーのティム・ウェイクフィールドさんが投げるナックルボールに目が止まり、

「これならもっと野球を続けられる!」
との思いから練習を始められたそうです。

 

そうなるとモー娘。の「Ambitious! 野心的でいいじゃん」は関係ないのではと思いますが、曲を聞いてみたところ歌詞にこんな一文が。

 

「Boys & Girls!Be Ambitious!」
「HEY HEY happyな毎日」
「野心的でいいんじゃないか」

 

と、歌いなが踊るのですがその時の振り付けが確かにナックルのフォームっぽいのが笑

もしかしたらマインド的な問題なのもあるかもしれませんが、踊りの振り付けもコツだったのかもしれません。

他にコツがあるのか調べてみましたら、コメディアンの谷啓さんの往年のギャグ「ガチョーン」と押し出すような感じだそうです笑




ナックル投球の練習量は?

あなた
あなた
どのくらいの練習量だったの?

 

吉田さんは、中学3年生の時からひたすらナックルを投げ続けていました。
試行錯誤を繰り返した結果、1年くらいでサイドハンドから無回転のナックルを投げられるようになり、投げ始めて8年が経っても現段階での完成度は60パーセントくらだったそうです。

 

相当な練習量だったことが伺えますが8年経っても完成度が6割とは。

 

その時は2015年時のお話でだったので現在は10割近い完成度になっているのでは。

 

YouTubeにて投げ方を解説している場面も。

まとめ

現在は栃木県小山市を拠点に新たに設立するエイジェックの女子硬式野球チームのチームディレクター(監督)兼選手として活躍する吉田えりさん(29歳)。

 

吉田えりさんは魔球のコツはモーニング娘。ことモー娘。の歌「Ambitious! 野心的でいいじゃん」から?
→踊るの振り付けにナックルに似たフォームがあるような気笑
他にナックルボールを投げるコツがないか聞かれていた時は、「ガチョーン」と投げることと語っている場面もありました。

 

選手として、監督としての活躍に今後も期待です!