AirPods Maxのハイレゾに対応?メリットやデメリットは?

AirPods Maxのハイレゾに対応?メリットやデメリットは?
Appleにてワイヤレスのオーバーイヤーヘッドホン「AirPods Max」の発売が発表されました!
ワイワイヤレスのオーバーイヤーヘッドホンはAppleでは初となっています。
発売日は2020年12月15日、値段は61,800円(税別)となっています。
値段もお高めにできていますね。

 

Appleユーザー達が気になるのは、
・AirPods Maxはハイレゾに対応?
・AirPods Maxのメリットとデメリットは?

 

気になりましたのでまとめてみました!

 

AirPods Maxはハイレゾに対応?

ハイレゾとは?
と思われている方もいるかもしれませんが、ハイレゾに対応しているか
調べてみたとろ、

 

対応していないようです。

 

調べてみてもハイレゾに対応しているという言葉が出てこなかったため、
対応していないと思われます。

 

ハイレゾとは、
アーティストの息づかいやライブの空気感など、CDでは聴こえなかったディテールやニュアンスを感じ取れるための機能です。
CDでは入りきれなかった音の情報量が、ハイレゾだと情報量が大量に入っているのです。

そのため、レコーディングスタジオやコンサートホールで録音されたクオリティーがほぼ忠実に再現されています。

そのため、こだわる人も多いためハイレゾ対応出ないことを残念に思う人も多いのではないでしょうか。
スポンサードリン

AirPods Maxのメリットやデメリットは?

AirPods Maxは値段が、61,800円(税別)と高めにできるているためメリットや、他の同価格帯との商品の違いはなんなのか気になる人も多いのではないでしょうか?

同価格帯のものにはこんなものがあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヘッドフォン オーディオテクニカ ATH-WP900 ポータブルヘッドホン
価格:69580円(税込、送料別) (2020/12/9時点)

楽天で購入

 

 

audio-technica ポータブルヘッドホン ハイレゾ音源対応 ウッドハウジング ATH-WP900
ブランド Audio Technica(オーディオテクニカ)
接続方式 有線
モデル型式名 ATH-WP900
ヘッドホン型式 密閉型
コネクタータイプ 3.5mmジャック
ハイレゾ音源対応
値段 61,909円

 

 

DALI IO-4 オーバーザイヤーヘッドホン – キャラメルホワイト M
ブランド DALI(ダリ)
色 ホワイト
接続方式 無線
モデル型式名 IO-4 Over-The-Ear Headphone
型式 オーバーヘッド
値段 63,280円

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デノン Denon ヘッドホン AH-D5200EM [φ3.5mm ミニプラグ /ハイレゾ対応][AHD5200EM]
価格:65870円(税込、送料別) (2020/12/9時点)

楽天で購入

 

 

デノン Denon AH-D5200 ヘッドホン オーバーヘッド 密閉ダイナミック型 ハイレゾ対応 ウッドハウジング AH-D5200EM ゼブラウッド
ブランド デノン(Denon)
色 ゼブラウッド
接続方式 有線
モデル型式名 ヘッドホン オーバーヘッド 密閉ダイナミック型 ハイレゾ対応 ウッドハウジング AH-D5200
ヘッドホン型式 ダイナミック型
値段 59,283円

と、なっています。

6万円台のものでないものもありますが、十分なクオリティであると言えます。

 

AirPods Maxはどうなのでしょうか。

AirPods Max
ブランド Apple
接続方式 無線
ヘッドホン型式  密閉(画像をみると)
値段 61,800円(税別)

 

さらにこんな設定があります。

アダプティブイコライゼーション:
音のディテールを完全にとらえた豊かなサウンドを出せます。

 

アクティブノイズキャンセリング:
コンピュテーショナルオーディオを用いることで、ノイズキャンセリング機能が、ヘッドフォンのフィット感や動きに対してリアルタイムかつ継続的聴けます。

 

外部音取り込みモード:
部音取り込みモードに切り換えることで、音楽を聴きながら同時に周囲の音も聞くことができ、オーディオを完璧に再生しながらも、自分の声を含むあらゆる音が自然に聞こえます。

 

空間オーディオ:
AirPods MaxとiPhoneまたはiPadに内蔵されたジャイロスコープと加速度センサーを利用して、ユーザーの頭の動きとデバイスの動きを追跡し、それぞれの動きのデータを比較して再生中のサウンドの音場を再マッピングするので、もしユーザーが頭を動かしても、常に音場はデバイスから離れません。

 

AirPods Maxのメリットは、
・こまめに充電しなくても最長20時間聴き続けられる。
・40mm口径のダイナミックドライバを搭載しており、深みのある豊かな低音域、正確な中音域、明瞭で透き通った高音域の伸びにより、どんな音も聞こえる。

 

ハイレゾの代わりにAppleが設計した独特なものにより音の情報量が多く聞こえるのではないでしょうか。
ヘッドフォンもフィット感も高く、ヘッドバンドのキャノピーは通気性のあるニットメッシュ素材、ヘッドフォン全体の重さを分散、頭部にかかる圧力を減らします。
ステンレススチール製フレームのヘッドバンドは耐久性と柔軟性があり、
どんな形やサイズの頭にもなじみます。
伸縮するヘッドバンドのアームはスムーズに伸び、好みのフィット感を保てるとのこと。

 

デメリットは、やはり値段なのではないでしょうか。

 

安くて、音がいいオーバーイヤーヘッドホンがある中、この値段で買いたいと思えるのは現在は、Appleファンの人たちではないでしょうか。
今後、新たなオーバーイヤーヘッドホンがAppleでどんどん改良されて販売されると思いますので今後に期待です!

AirPods Maxの世間の反応

AirPods Maxの販売に対して、世間はどんな反応を見せているのでしょうか。


やはり、値段がネックで買わない人が多い印象に思えます。

更に、デザインも独特なものがあるようで「カブトゼクターにしか見えない」との声も。

やはり、最初はAppleファンの間でしが売れないかもしれません。

まとめ

Appleにてワイヤレスのオーバーイヤーヘッドホン「AirPods Max」の発売が発表されました!
ワイワイヤレスのオーバーイヤーヘッドホンはAppleでは初となっています。

・AirPods Maxはハイレゾに対応?
→対応されてないようです。
しかし、40mm口径のダイナミックドライバを搭載しており、深みのある豊かな低音域、正確な中音域、明瞭で透き通った高音域の伸びにより、どんな音も聞こえるようです。

・AirPods Maxの性能は他の同じ価格帯の商品との違いは?
メリットは、
・こまめに充電しなくても最長20時間聴き続けられる。
・40mm口径のダイナミックドライバを搭載しており、深みのある豊かな低音域、正確な中音域、明瞭で透き通った高音域の伸びにより、どんな音も聞こえる。デメリット
・値段が高い。

 

カラーはスペースグレイ、シルバー、スカイブルー、グリーン、ピンクの5色があります。

お店に行って試しに聞けるなら、試しに聞いてみるのがいいかもしれませんね。