【仰天ニュース】小学生バレーボールで土下座をさせた西日本チームは?

国内

日テレ番組「ザ!世界仰天ニュース」で「スポーツ毒親」について放送されます。
強豪スポーツチームのバレーチームに息子が所属していたがそこは
監督の暴言・暴力が飛び交っていましたが、
それがわかっていながら母親は止めなかったそうです。

 

オレンジくま
オレンジくま
嫌な話だね。

 

母親はある日自分が毒親である事を気づきます。

 

オレンジくま
オレンジくま
気づくのは良かったけど、この暴言や暴力が横行していた小学生のバレーボールチームってどこだろう?

 

小学生バレーボールで暴言や暴力が横行してたのはどこ?
土下座をさせた西日本チームは?
まとめてみました。

 

 

小学生バレーボールで監督の暴言や暴力が

この内容は恐らくスポーツライターの島沢優子さんが書いた
『スポーツ毒親 暴力・性虐待になぜわが子を差し出すのか』の第一章の内容のようです。

小学1年生から強豪バレーボールクラブに所属していたAさんの息子。

その頃には既にスポーツ界、教育界が暴力根絶宣言がありました。

 

が、Aさんの息子が所属するバレーボールの監督は暴力が当たり前でした。

 

オレンジくま
オレンジくま
怖っ。

 

至近距離からボールを投げつけられ手を骨折、投げ飛ばされる、
髪を引っ張られるなど日常茶飯事でした。

 

その時はAさんは親同士で練習を見張りにいき、
起きた暴力や暴言を当事者の親にも細かく伝え、情報共有をしていました。

 

オレンジくま
オレンジくま
共有されていただけで、勝てていたから監督に誰も文句は言えなかったんだね。

 

2017年ごろにあった大阪の高校であったバレーボール部の男性顧問が男子部員の
顔面に向けスパイクを打ち込む動画をみても普通的な感覚だったそうです。

 

オレンジくま
オレンジくま
麻痺してたんだね。

 

暴言の数々から辞めたい

ある日友達の息子が辞めたいといいます。

 

しかし、数日休むと友達も頑張っているからやはり続けると言ったそうです。

 

オレンジくま
オレンジくま
なんか洗脳の一種なような。

なぜか休んだ事に対して監督に謝るなどしなくてもいい事をしてました。

 

Aさんの場合は、娘がその監督のもとで全国大会まで行っていたため恩を
感じており弟である息子さんに対して、
「辞めるなんていえないからね。」
といっていたそうです。

 

オレンジくま
オレンジくま
頑張っていたのは娘であって監督ではないのになぜ恩を感じたのだろう。

 

Aさんも自分たちは猛毒だったとかたっています。

 

 

土下座をさせたのは西日本のどこチーム?

現在このチームやAさん達がどうなっているかはわかりませんが、
テレビで出るようになってるので辞めているのかもしれません。

 

このチームはどこなのでしょうか?

調べてみましたがどこかはわかりませんでした。

 

ただし、大分県日出町の小学生女子バレーボールチーム同じような事が
起こっていたりするそうでニュースにもなっています。

 

オレンジくま
オレンジくま
もしかしたら近くなのかも。

 

これからもしっかりとこういったことは監視しないと行けないと感じますね。

 

これまで仰天ニュースで放送されたもの。

 

 

まとめ

小学生バレーボールで暴言や暴力が横行してたのは
調べてみましたがどこかわかりませんでした。

 

これらをまとめてみました。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

Copied title and URL