尾崎裕哉の母尾崎繁美の旧姓は?父尾崎豊のし後の生い立ち〜現在は?

音楽家(ミュージシャン)

歌手・尾崎裕哉さんは伝説とも言える歌手・尾崎豊さんの息子さん。
父のし後は日本から離れ、母・尾崎繁美さんとともにアメリカに渡米していました。
息子さんの裕哉さんはその後、父である尾崎豊さん同じ歌手になることを目指し帰国しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SEIZE THE DAY [ 尾崎裕哉 ]
価格:1335円(税込、送料無料) (2021/9/25時点)

楽天で購入

 

 

 

なんかドラマみたいな話ですね。
世代だった人は大いに盛り上がったのではないでしょうか。

 

その中で息子・裕哉さんとともにアメリカに渡米して母・繁美さん。
伝説のアーティストである尾崎豊さんと息子である裕哉さんが目立っておりますが、母である繁美さんは一体どんな人なのでしょうか?

 

旧姓は?
尾崎豊さんのし後の生い立ち〜現在は?

 

気になりましたのでまとめてみました!

尾崎裕哉の母・尾崎繁美のプロフィール

生年月日 不明
出身地 不明
血液型 不明
身長 不明

 

尾崎繁美さんは芸能人だと思っていましたがどうやら一般人のようで、プライベートのことが一切触れられていましでした。

 

馴れ初めの情報などをみてもはっきりしてることは書いておらず、一般的に言われているのは六本木のクラブで出会い尾崎豊さんの方が一目惚れだったようです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

尾崎繁美(@shigemi.ozaki)がシェアした投稿


確かに画像を見てみると尾崎豊さんと、繁美さんはとてもお似合いな2人で美男美女ですね!
当時はすごい話題となったのではないでしょうか。

 

 

尾崎裕哉の母・尾崎繁美の旧姓

調べてみましたら、どうやら「伊藤」が繁美さんの旧姓のようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

尾崎繁美(@shigemi.ozaki)がシェアした投稿


一回尾崎豊さんは1987年の時に薬関係で逮捕されたことがあり、その時に
拘置所で書かれたノートの切れ端の書かれたものがプロポーズの言葉が書かれていたようです。

 

 

捕まっていたのにプロポーズをするのはすごいですね。
これにときめいた当時19歳の繁美さん。
この人と一緒にやっていけるのか不安にはならないで支えてあげようと思ったところが、さすが尾崎豊さんが選んだ女性といった感じがします。

 

 

尾崎豊さんのし後の尾崎繁美の生い立ち〜現在は?

1992年になくなった尾崎豊さん。
その後、色々な疑惑などの目を向けられてしまった繁美さん。
息子である・裕哉さんを連れてアメリカに渡米しました。

 

大人気だった尾崎豊さんのことを考えれば日本にいても当時5歳だった息子の裕哉さんのためにもならないと思ったのではないでしょうか。

お金のことも、尾崎豊さんの歌で暮らしていけたのではないでしょうか。

 

1998年に繁美さんは「親愛なる遥いあなたへ―尾崎豊と分けあった日々」という本を出版しています。
この本の印税でさらに生活には困らなかったのではないでしょうか。

 

その後の活動については情報がありませんが、名前を改名してビジネスをして成功しているのではといった噂があります。
そこで「アイソトープの尾崎繁美」の名前が。

同姓同名の可能性もありますが、この会社は恐らく、尾崎豊さんとマネージャーだった鬼頭明嗣さんが設立した事務所で、事務所自体はなくなっているそうですが、HP上で運営しています。
尾崎豊さんの特集雑誌・テレビ番組に協力しており、息子さんの裕哉さんが所属している事務所となっているようです。

 

このことから、母・繁美さんが関わっているのは間違えないのかもしれません。

 

 

息子・裕哉のプロフィール

生年月日 1989年7月24日
出身地 東京都
血液型 O型

父・尾崎豊さんのし後、5歳でアメリカ・ボストンに移住。
小学校6年に父の曲が好きになる。
2005年 15歳に日本に帰国。
アメリカンスクールに通った。
慶應大学に進学。

 

11年間アメリカにいたため、日本語が怪しく大変だった裕哉さん。
寝る間を惜しんで勉強し慶應大学に受かったのはアメリカンスクールでは初だったようです。
言葉の壁を超えて難関校に受かるのは大変だったのでは。
歌手になるために必死だったようです。

 

歌手として母・繁美さんと一緒に頑張っていくのではないでしょうか。

 

 

まとめ

尾崎裕哉さんの母・尾崎繁美さんの旧姓は「伊藤」。
父・尾崎豊さんのし後の生い立ち、アメリカのボストンに移住。
母・繁美さんの活動は一般人のため不明でしたが、1998年に繁美さんは「親愛なる遥いあなたへ―尾崎豊と分けあった日々」という本を出版、日本に帰ってからは事務所・アイソトープで仕事をしているのでは。
息子・裕哉さんは5歳で母・繁美さんとともにアメリカのボストンに移住。
15歳で帰国。
アメリカンスクールに通っていました。
日本語を勉強し、難関大学・慶應大学に合格。
現在は歌手として活躍中!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました