庄野真代がチアダンスでシニアの所属チーム名は?場所は目黒で活動?

庄野真代がチアダンスでシニアの所属チーム名は?場所は目黒で活動?

シンガーソングライターで「飛んでイスタンブール」の曲で知られる庄野真代さんがチアダンスチームに所属して活躍していることがわかりました。
庄野さんは60代後半。
それからチアダンスを始めるのはすごいです!

庄野真代がチアダンスでシニアの所属チーム名はなんというのでしょうか?

 

気になりましたのでまとめてみました!

 

 

庄野真代がチアダンスでシニアの所属チーム名は?

庄野さん所属しているチアダンスのチーム名は、
「東京ドリームエンジェルズ」

 

なんと平均が59歳のチアダンスのチームです。

 

みなさん若々しくてすごいです。
しかも庄野さんは部長を務めています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

miki(@miki.kamkan)がシェアした投稿


どこの場所で活動しているのでしょうか?

 

 

場所は目黒で活動?

どこで活動しているのかはっきりとはわかりませんでしたが、
目黒に東京ドリームチームの本部といえる日本シニアチア協会の目黒スタジオがあるようです。

 

東京・ドリーム・エンジェルス以外のシニアのチームは大体日本シニアチア協会に所属しているようです。

庄野さんはなぜチアダンスを始めたのでしょうか?

 

 

チアダンスを始めた理由は?

60代を迎えた頃の庄野さん。
その5年前ほどに『85歳のチアリーダー』という滝野文恵さんの本を読んだのがきっかけでチアダンスを始めたようです。

 

元から思春期の頃からチアダンスに憧れていた庄野さん。

本を読んで影響を受けて日本シニアチア協会に行ったのでした。

 

年齢は関係なく好きなことをして、チャレンジする庄野さんは生き生きしていてとても良いですね!

 

 

庄野真代のプロフ

生年月日 1954年12月23日
出身地 大阪

 

子どもの頃は病弱であり、オルガン教室に通っていました。
小学校高学年より体が丈夫になっていきました。
中学校では生徒会活動ができるほどまでに。
高校は大阪府立東淀川高等学校に入学。
音楽活動を本格的に開始をして、オーディションを受けまくっていました。

 

大学受験に失敗をしましたが、ヤマハボーカルオーディションに合格をして合歓音楽院にて研修をしてました。

 

20歳の頃に音楽を続けるか迷ってましたが、「フォーク音楽祭」に参加しましたら、関西四国決勝大会でグランプリを獲得して全国大会にてスカウトされました。

 

1976年にコロムビアからデビューアルバム『あとりえ』を発売してレコード・デビューは果たし、2年後に「飛んでイスタンブール」が大ヒットとなりました。

 

 

まとめ

庄野真代さんがチアダンスでシニアの所属チーム名は「東京ドリームエンジェルズ」です。
活動や目黒でしているようです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。