立花登青春手控え2(ドラマ)のロケ地はどこ?撮影場所は?

立花登青春手控え2(ドラマ)のロケ地はどこ?撮影場所は?

NHK時代劇ドラマ「立花登青春手控え2」が2021年1月9日(土)18時05分よりNHK総合で放送されます!

 

・立花登青春手控え2(ドラマ)のロケ地はどこ?
・立花登青春手控え2(ドラマ)の撮影場所は?

 

気になりましたのでまとめてみました。




立花登青春手控え2(ドラマ)のロケ地はどこ?

「立花登青春手控え2」のロケ地がどこなのでしょうか?

 

調べてみました。

第1回「片割れ」
金戒光明寺(京都府)
 
永運院下坂大堰川堤(京都府)
 
広沢池観音島(京都府)

 

第2回「幻の女」
大覚寺(京都府)
大沢池畔~放生池堤
 
大沢池船着走田神社(京都府)
本殿前~摂社
 
吉田神社竹中稲荷(京都府)
三高碑へ通じる石段前から舞殿脇~本殿前

 

第3回「化粧する女」
今宮神社(京都)
絵馬堂脇坂
 
八幡堀(滋賀)
堀端
 
新町浜(滋賀)
堀端
 
宝厳院(京都)
通用門
 
走田神社(京都)
本殿前
 
上賀茂神社(京都)
ならの小川畔

 

第4回「押し込み」
仁和寺(京都)
 
中門仁和寺(京都)
 
中門大覚寺(京都)
心経宝塔前広場
 
護摩堂裏(京都)

 

第5回「みな殺し」
嵐峡(京都)
 
上賀茂神社(京都)
ならの小川

 

第6回「見張り」
八幡堀(滋賀)
 
大覚寺(京都)
御殿川
大沢池堤

 

第7回「待ち伏せ」
石清水八幡宮(京都)
 
本殿脇三井寺(滋賀)
 
唐院前大路石清水八幡宮(京都)
表参道

 

最終回「処刑の日」
随心院 長屋門(京都)
 
愛宕念仏寺(京都)
 
大覚寺(京都)
護摩堂

 

京都と滋賀が撮影場所になっていますね。
京都の街が舞台となっています。

 

「立花登青春手控え2」のあらすじ

第1回「片割れ」

立花登は、東北の故郷を離れ、小伝馬町の牢医者として働いていた。
叔父・玄庵と叔母・松江が留守のある日、登とちえは、突然診療室に現れた人相の悪い男を手当てする。

 

数日後、牢に刃物の傷をこじらせた与吉 という囚人が来る。
与吉は相棒と二人で米屋に強盗を働いた罪で捕まった。
先日の人相の悪い男が、与吉の片割れではないかと疑いを持つ登。

 

するとある晩、素性の知れない何者かに登は襲われて…。

 

第2回「幻の女」

牢に、はやり病の疑いのある巳之吉という男が送られて来る。
巳之吉は、まもなく島送りになる身。
登は巳之吉から、幼なじみのおこまのことを聞く。

 

巳之吉にとっておこまは、愛しい人。

 

しかしその消息は不明だった。
登は巳之吉のためにおこまを探す。
おこまは亡くなった親の借金を返すため、職を替え、悪事に加担しているという噂が。

 

登は久坂の手を借りて捜索を続けると…。

 

第3回「化粧する女」

畳刺し職人の房五郎が、連日与力の高瀬からしつような拷問を受けていた。
登は、高瀬の拷問が行きすぎと考えるが、どうやら高瀬は、房五郎が隠している別の強盗の罪を吐かせようとしているらしい。

 

登は、房五郎が女房・おつぎとグルであると疑いを持ち、会いに行く。
しかし、おつぎは登が思っていたような女と違って地味な女だった。

 

さらに真相を探る登。
すると意外なことが明らかになる…。

 

第4回「押し込み」

唐辛子売りの源次 、湯屋の釜番の金平 、元雪駄問屋の若旦那・保次郎 の三人が、足袋屋の川庄に押し込み強盗をしようとしていた。

 

源次は、同じ長屋に住む独り者で病弱なおしづ を不幸にした川庄に、おしづに代わって復讐するつもりだった。
ところが、ちょうど同じころ、川庄を別の悪党たちが狙っていた。

 

それを知った登は、源次たちに、計画を止めさせようとするが…。

 

第5回「みな殺し」

二ヶ月の間に、本所・深川の一帯で男たちが次々変死する事件が起きる。

 

そんな折、登は、牢で一人の囚人の不審な死に立ち会う。
死んだのは研ぎ屋の芳平。登は病死として扱うが、岡っ引きの藤吉が、登のところ事情を詳しく聞きにやって来る。

 

藤吉は変死事件との関わりを疑っていた。

 

話をするうちに登は、芳平殺しの犯人がまだ牢内にいるのでは、と考え始める。
どうやらその男は、とんでもない悪党らしいのだ…。

 

第6回「見張り」

登は、町中で具合の悪そうな女・おとしと出会う。
おとしの亭主・酉蔵は、傘張り職人だったが、酒飲みの怠け者で、おとしは一膳飯屋で働かざるを得なかった。

 

そんなある日、登は牢の囚人から、押し込み強盗の計画を聞く。
押し込みを企む連中は、酉蔵に見張りを頼もうとしているらしい。

 

おとしを心配する登は、酉蔵に、おとしが死にそうだと嘘をつく。
すると、慌てた酉蔵が、ある行動に出る…。

 

第7回「待ち伏せ」

牢から解き放ちになった三人が連続して殺される事件が起きる。
次に解き放ちになる馬六の命が危ないと考える登。

 

そんな矢先叔父の玄庵が倒れ、叔母・松江とちえから頼りにされる。
数日後、馬六が解き放ちに。

実は、嫁いだ馬六の娘・おかつが、一人暮らしの馬六を引き取ろうとしていた。

 

藤吉の助けを借りて馬六を守ろうとする登。
しかし、馬六は不審な男たちに襲われてしまう…。

 

最終回「処刑の日」

妾を殺した罪で囚われていた商家の主人・助右衛門。
娘のおゆきだけは、父が犯人でないと登に訴える。

 

そんなある日、ちえが、助右衛門の妻と手代の新七が親しげに一緒にいるところを目撃、不審に思った登は、南町奉行所にもう一度調べ直しをするよう頼み込む。

 

やがて藤吉の協力で、事件の真相と助右衛門の家の意外な事情が徐々に明らかに。しかし、助右衛門の処刑の日が刻々と迫っていた…。




「立花登青春手控え2」の出演者

立花登役(たちばな のぼる)
溝端淳平さん

 

ちえ役
平祐奈さん

 

松江役(まつえ)
宮崎美子さん

 

平塚平志郎役(ひらつか へいしろう)
マキタスポーツさん

 

土橋桂順役(どばし けいじゅん)
正名僕蔵さん

 

直蔵役(なおぞう)
波岡一喜さん

 

久坂道之丞役(くさか みちのじょう)
渡辺佑太朗さん

 

きよ役
鷲尾真知子さん

 

藤吉役(とうきち)
石黒賢さん

 

小牧玄庵役(こまき げんあん)
古谷一行さん

 

まとめ

NHK時代劇ドラマ「立花登青春手控え2」が2021年1月9日(土)18時05分よりNHK総合で放送されます!

 

・立花登青春手控え2(ドラマ)のロケ地はどこ?
・立花登青春手控え2(ドラマ)の撮影場所は?
→京都や滋賀がロケ地として撮影されていました。

 

小伝馬町の若き牢医者・立花登は、正義感が強く、柔術の腕も抜群であり、牢の内外で起こるさまざまな事件やそれに関係する人物と関わることで事件を解決していく青春時代劇となっています。
立花登の成長を見守れる作品です。