勅使河原大地(bmx解説者)wiki風プロフや経歴は?パイオニアは叔父?

勅使河原大地(bmx解説者)wiki風プロフや経歴は?パイオニアは叔父?

東京五輪の都市型新種目の自転車BMXフリースタイル・男子シーディングランで中村輪夢(リム)さんが決勝に進みました!
その時に解説をした勅使河原(てしがわら)大地さんに注目が集まっています!
※もしかしたら勅使「川」原さんかもしれません。

 

勅使河原大地(bmx解説者)プロフや経歴は?

 

気になりましたのでまとめてみました!

 

 

勅使河原大地(bmx解説者)wiki風プロフや経歴を紹介!

勅使川原大地さんのプロフ


生年月日 1995年8月24日
出身地 愛知

 

NHKでBMXフリースタイル・男子シーディングランが放送されました時、技の解説をしながらNHKでは聞かない声援、「イエース」「イエー」声を出したり、中村さんが大技を決めた時「オーマイガー!」と絶叫したりと自然な盛り上がり方で視聴者の気分も盛り上がったようです。

 

BMXも知らない人も楽しくみれて良かったのではないでしょうか。
BMXは勅使河原さんの叔父さんが日本でのパイオニアのようです。

 

 

BMXのパイオニアは叔父さん?

日本でのBMXのパイオニアと呼ばれる人は勅使河原正太郎さんだそうです。
はっきりと叔父さんと言われているわけではないのですが、苗字が同じで出身地も同じ愛知。

 

正太郎さんは「マツ井サイクル」というプロBMXショップもしており、WEBでのリンク先に大地さんがスクールをしている「SAMURAI BMX CLUB」があったので叔父と甥の関係だと思われます。

 

大地さんのお父さんもBMXの選手のようです。

 

 

祖父が輸入を始めた?

BMXを輸入を始めたのは勅使河原完さん出そうで、恐らく大地さんのおじいさん。
アメリカの自転車展示会に見学しに行ったのが始まりだそうです。

 

その前はケーキ屋をしていたというのだから人生どうなるかわかりませんね笑

 

 

BMXをはじめたのは?

勅使河原大地さんがBMXを始めたのは5歳の頃。
そこから現在もオリンピック強化指定選手として活動されています。

 

5歳から始めてるのはすごいですね!
オリンピック強化指定選手があるのは知らなかったです。
解説までしているので、すごく嬉しいのではないでしょうか。

 

 

スポンサーは?

Vans, JykkJapan, Subrosa Brand, 430 Fourthirty, Matsui Cycle, LaLa Curry, Godzilla Crewと多数あるようです。

 

これだけスポンサーがあるのはすごいですね。

 

 

多数の賞を受賞!

5歳からBMXを始めている勅使河原さん。
賞も多数獲得しています。

 

2004年
・450ジャム ノービスクラス優勝
・TBS オールスター感謝祭2005春

 

2010年
・Special Element 全日本選手権 プロクラス 優勝

 

2012年
・G-Shock RealToughness 準優勝

 

2013年

G-shock RealToughness 優勝

欽ちゃんの仮装大賞/ファンタジー賞 視聴者賞 受賞

 

2014年
Red Bull LOCAL HERO TOUR 優勝

 

2018年
ムラサキスポーツ Shonan Open 優勝
Japan Cup 準優勝

 

2019年
・ムラサキスポーツ 湘南オープン 2位

 

大会っていろんなところで開催されているんですね。
個人的に欽ちゃんの仮装大賞に出演していてファンタジー賞が面白いです。

 

 

まとめ

勅使河原大地(bmx解説者)の親族はBMXにみんな関係しているのがわかりました。
父、叔父さらには従兄弟だと思われる流星さんもコーチなどをしています。

 

決勝戦でも大地さんが解説をされます。

他のオリンピック競技でもメダルが続々!

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!