豊田商事が集めた2000億円のゆくえは?元社員のその後や残党は?

国内

日テレの番組ザ!世界仰天ニュースで「豊田商事事件」に
ついて放送されます。

 

オレンジくま
オレンジくま
豊田商事事件って何?

 

被害総額2000億円といわれている詐欺事件です。
被害者は高齢者ばかりでした。
最後には豊田商事の社長が襲われなくなってしまい、
事件の全容が分からないといった終わり方になってしまってます。

 

オレンジくま
オレンジくま
後味の悪い終わり方だね。
オレンジくま
オレンジくま
被害総額2000億円はどこにいったんだろう?
オレンジくま
オレンジくま
元社員はその後どうなったの?
オレンジくま
オレンジくま
気になりました。

 

豊田商事が集めた2000億円のゆくえは?
元社員のその後や残党は?
まとめてみました!

 

[ad]

 

豊田商事事件のやり口は?

豊田商事は1981年、大阪で設立され金の販売をする会社でした。
最盛期には従業員7500人、全国に約60店舗を構えていました。

 

しかし実態はペーパー商法という金を持ってないのに、
売りつけお金をだましとるというもの。

 

当時の教育ビデオには「一人で家にいる人を狙え」「銀行預金よりやや有利だと強調せよ」
「本物の純金を手に持たせて重さを実感させよ」など、詐欺の研修が。
さらに、「契約が取れるまで家を出るな!」など居座りや土下座も
いとわないセールス方法で契約をもぎ取っていました。

 

これの逆をいき、親身になって話を聞いたりご飯を一緒に食べたり
添い寝したりといった方法で契約をとってくる人もいたそうです。

 

と言ってもと金を持ってなきゃ詐欺商法ですよね。

 

そういったことからクーリングオフ制度ができたそうです。

 

オレンジくま
オレンジくま
当時は法律がなかったんだね。

被害総額が巨大なこの事件、
2000億円はどうなったんでしょうか?

 

[ad]

 

豊田商事が集めた2000億円のゆくえは?

1985年に破産したときに2000億円の資金は従業員への給与の支払いと会社の
運営資金にと言われています。

 

あとは、永野一雄会長の先物取引での損失や会社としての
事業の失敗により殆ど消えており、
豊田商事には資産といえる資産はないといわれています。

 

オレンジくま
オレンジくま
なくなった時は会長の所持金700円だったらしいよ。

 

では、被害者にはお金がかえってこなかったのでしょうか?

 

[ad]

 

被害者にお金は返金された?

弁護士の中坊公平さんが豊田商事の破産管財人となり
回収していきました。

 

店舗の家賃や敷金、高額の給料(支店長クラスで基本給90~140万円+役職手当90万円。
これに支店の売り上げの0.5%が加算される)を貰っていた豊田商事の従業員が
納めた税金まで回収。

 

しかし回収に対する妨害行為も激しく、暴力団が中坊チームの
回収した資金の奪取を試みたり、建物の占有を実行されたりもしたそうです。

 

回収された金額は、
100億円超え!

 

オレンジくま
オレンジくま
2000億円には及ばないけど、
全く回収できないわけではなかったんだね。

 

この金額が被害者にお金を返す重要な資金源になったそうです。

 

オレンジくま
オレンジくま
すべて返ってはこなくても一部は
戻ってきたんだね。

 

[ad]

 

元社員のその後や残党は?

元社員のその後はどうなったんでしょうか?

 

調べてみますと実は元社員がはなまるうどんを立ち上げています。

 

オレンジくま
オレンジくま
えっ、よく知られてるうどん屋だ!

 

創業者の前田英仁さんが豊田商事の元社員でした。

 

はなまるうどんは、東京証券取引所マザーズ上場申請をしましたが、
前田さんの経歴が週刊誌により報道。
それにより会社側から東証に上場延期を申し入れたそうです。

 

法律的には問題ないようですが、やはりまた同じような事件が
起こるのではとの危惧から客足が遠のくは間違いないですね。

 

そのため、牛丼チェーン店の吉野家に身売り。
はなまるうどんは傘下となっています。

 

豊田商事の事件は当時では法律がなく裁けない
ジレンマがあったそうです。

 

もしかしたら、元社員の人達はそのお金を元に何かしてるのかも。

 

今後もこのような事件が起こらないことを祈ります。

 

[ad]

 

まとめ

豊田商事事件のやり口について。
豊田商事が集めた2000億円のゆくえについて。
被害者にお金は返金について。
元社員のその後や残党について。

 

これらについてまとめてみました。
ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメント

Copied title and URL