八男ってそれはないでしょう(アニメ)最終回の12話を無料動画で見逃し配信視聴!

アニメ「八男って、それはないでしょう!」の12話である最終回がTOKYO MX他にて放送!

 

見逃し配信はある?

 

気になりました。

 

「八男って、それはないでしょう!」とは?

原作はY.Aさんによる日本の小説。
小説投稿サイト「小説家になろう」でオンライン小説として2013年6月から2017年3月まで連載。全163話。
外伝作品「八男って、それはないでしょう! みそっかす」を同サイトのオンライン小説として2017年3月より連載開始。

 

2014年4月からMFブックス(発行:KADOKAWA、企画:フロンティアワークス)により書籍化され、シリーズ累計発行部数は2020年5月時点で270万部以上。
漫画版がWEBコミック誌『ComicWalker』にて連載中。

 

二流商社に勤める主人公・一宮信吾がある朝目覚めると、そこは異世界の貧乏貴族の家で、自分がその家の八男、ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスター(5歳)になっていることに気付く。

 

見逃し配信は?

最終回を見逃しても、
31日間無料!
日本最大級の動画サービス!

 

見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
最新作はレンタル配信(個別課金)となります。
600円分のポイントプレゼント!

 

※本ページ情報は2020年6月現在のもです。
最新の配信状況はU-NEXTにてご確認ください.

 

あらすじは?

食品関係の商社に勤めるサラリーマン ・一宮信吾が目を覚ますと、
異世界の小さな子どもになっていた。

 

ド田舎の貧乏貴族の八男・ヴェンデリン(5歳)となった彼は、
領地も継げず、先も見えない手詰まりの境遇の中、
魔法の才能に恵まれたという一点を突破口に独立を目指す。

 

やがて12歳となり、冒険者予備校の特待生となったヴェンデリンは、
ある事件を解決した功績により、貴族として身を立てることとなる。

 

だがそれは、貴族社会のしがらみに
振り回される人生の始まりに過ぎなかった――

#12「八男って、それもありでしょう!」
ヴェル殺害を目論むクルトは魔道具「竜使いの笛」を手に、ヴェルたちの前に姿を現す。
だがクルトの持つ魔道具は「怨嗟の笛」という、
怨念を集め自らをアンデッドにする呪いのアイテムであった。
図らずもクルト失脚を望む人々の要望に応えてしまったヴェルは、
最後に大きな賭けに出ることに……。

 

登場人物や声優は?

ヴェンデリン
榎木淳弥さん

 

エリーゼ
西明日香さん

 

イーナ
小松未可子さん

 

ルイーゼ
三村ゆうなさん

 

ヴィルマ
M・A・Oさん

 

エルヴィン
下野紘さん

 

ローデリヒ
高塚智人さん

 

クルト
杉田智和さん

 

アマーリエ
ゆかなさん

 

ヴェンデリン(幼年)
石上静香さん

 

アルフレッド
浪川大輔さん

 

ブランターク
屋良有作さん

 

アームストロング
山根雅史さん

 

まとめ

・最終回を見逃しても、
31日間無料!

コメント

Copied title and URL