着せ恋の五条人形店のモデルはどこ?場所は埼玉の鈴木人形!

アニメ

アニメでも漫画でも人気のある「着せ恋」こと「その着せ替え人形は恋をする(そのビスクドールは恋をする)」。

コスプレといったオタク心もくすぐりながら、登場人物の喜多川海夢(まりん)と五条新菜(わかな)の2人の関係にも視聴者的に、
「付き合っちゃえよ!」「むしろ付き合ってないんかい!」
といった感じになる人も多いのでは。

 

登場人物の新菜の家は雛人形作り。
人形の衣装が作れたため、海夢のコスの衣装を作るようになるのです。

 

実は新菜の家である「五条人形店」にはモデルがあるのです!

五条人形店のモデルはどこ?

 

気になりましたのでまとめてみました!

 

 

着せ恋の五条人形店のモデルはどこ?

漫画の原作者である福田晋一さんやアニメスタッフが取材したのが、
「鈴木人形店」です。

 

鈴木人形ショールーム本店
〒339-0057 埼玉県さいたま市岩槻区本町3丁目11−3

元から岩槻は人形のまちと知られている場所です。
1457年に、太田道灌(おおた どうかん)が関八州(かんはっしゅう)の北の砦として岩槻城を築いて以来、城下町としての岩槻が始まったそうです。

 

日光御成街道の江戸から最初の宿場町であった岩槻。
東照宮の造営や修築に携わった工匠たちの中にこの土地に住み着いた者も多くいました。
その人々が付近に数多く植えられている桐を使って箪笥などの製品を作るようになったのではと言われています。
その中には人形づくりをする者もいて、その技術が広まりました。
今では、「江戸木目込人形」・「岩槻人形」が経済産業大臣から伝統的工芸品として指定され、生産量・生産額とも日本一の人形の町となっています。

 

その場所なら確かに原作者やアニメスタッフが取材しに行くのもわかります。

 

さらには主人公の五条新菜のモデルもここの店主のようです。

 

 

五条新菜のモデルは?

五条新菜のモデルは人形工房「鈴木人形」の三代目・鈴木慶章(けいしょう)さんだと思われます。

 

鈴木さんは着せ恋を見て、雛人形の描写が作り込まれていると感じたそうです。
さらに新菜が子供の頃に感じた雛人形を見て、
「すっごいきれい」といったシーン。
このシーンは鈴木さんも経験し人形師になろうと思った原点の感情だそうです。

 

鈴木さんは大学時代に新菜と同じように人形作りの勉強を始め、
大学院進学。
社会経験を他の場所で積んだ後に、鈴木人形に入社したそうです。

 

新菜も同じような道を辿りそうですね!
アニメが放送されてからこんなことが。

 

 

雛人形が完売!

鈴木人形店で現代風ひな人形の「Bell’s kiss」シリーズが販売されており、
これは若い人が着るようなデザインのドレス地を十二単と組み合わせた衣装で、
比較的狭い住居が多い現代でも飾れるようコンパクトなサイズ感の人形です。
大体7年前から販売している人形だそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木人形(@suzuki_dolls)がシェアした投稿


人形は現代風のデザインの服だけでなく、化粧や髪の色も現代風にしており金髪やまつげ付きといったものがあります。

 

この人形がアニメで紹介されたところ、今シーズンように制作した300セットが全て完売!
ファンの人が買ったようです。

 

しかし、アニメのファンもすごいですがやはり鈴木人形が手がけた現代風の人形がきれいで買った人ももちろん多いと思われます。

 

 

通販も

鈴木人形店は通販で販売しています!
雛人形だけでなく、五月人形も販売されていました。

 

これから、5月に入るのでお子さんのために五月人形を検討している人は、
いいかも。

 

 

人形工房も見学が

鈴木人形店は人形工房の見学もできるようです!

 

しかし、現在はコロナ禍で中止されています。
コロナ禍が収束したら工房の見学者も増えるのでは。

 

気長に待ちましょう!

 

 

着せ恋とは?

新菜は雛人形の顔を作る「頭師(かしらし)」を目指す男子高校生。
そのためなのか、なかなかクラスに馴染めずに友達ができない。
海夢はクラスの人気者で友達も多く、クラスメートなのに違う世界の住人のような感じでした。

 

しかしある日、ひょんなことから新菜が放課後に学校のミシンを使っていると、
そこに海夢が!

 

ミシンを使っている新菜をみて、海夢が一言。

 

私のコス衣装作っててよ!

 

といったことから始まるラブコメとコスプレの物語です。

 

 

まとめ

着せ恋の五条人形店のモデルの場所は埼玉県さいたま市岩槻の「鈴木人形」です。
そちらの店主の鈴木慶章(けいしょう)さんが新菜のモデルと思われます。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメント

Copied title and URL