スポンサーリンク

中屋敷法仁はピンクパンサーが好きではない?ぬいぐるみならいい?

舞台

劇団「柿喰う客」の主宰・中屋敷法仁(なかやしき のりひと)さんは、
2.5次元作品の演出などもしています!


中屋敷さんは高校時代から演劇に興味があり、
上京する際に持ってきたとものが、
ピンクパンサーのぬいぐるみ。

 

ピンクパンサー。。。

 

ピンクパンサー!

ファンシーなものを高校を卒業して上京するまで、
持っていたことになりますね。

 

ピンクパンサーのことが好きかというと、
そういうわけでもないようです。

 

気になりましたんのでまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

中屋敷法仁はピンクパンサーが好きではない?

中屋敷さん、上京してからずっとピンクパンサーぬいぐるみを持っているので
好きかというとそういうわけでもないようです。

高校時代から付き合いのあるものなので、特別ってだけで、
どうやらピンクパンサー自体が好きなわけではないよう。

 

手でもてるサイズのピンクパンサーだけでなく、
それよりも大きいピンクパンサーを持っているそうで、
高校の演劇部の部室にあったものを勝手に持ってきてしまったそうです。

 

そのため、ピンクパンサーが特別なようです。

 

これはもう好きでいいのではと思ってしまいますw

 

他に好きなぬいぐるみのキャラはあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

他に好きなキャラがある?

ピンクパンサーが好きなわけではない中屋敷さん。
では他に好きなキャラがあるかというと、
違うようで。

 

柔らかくてふわふわとした触りごごちのいいものが好きなだけであって、
別にキャラクターが好きなわけではないようです。

 

そういや某丸いピンクの球体型のぬいぐるみが好きな俳優がいましたが、
その俳優のように特定のキャラが好きなわけではないようです。

 

高校時代から持っているのは、記念に持ってきたの?

 

スポンサーリンク

 

記念に持っている?

高校を卒業して上京してからずっと持っているピンクパンサー。
記念として持っているのではなく、お守りとして持っているようです。

 

演劇以外をしていても全然楽しくなかった中屋敷さん。
高学歴である青山学院に入学して、合コンやテニスサークルに入部しても、
楽しくない。
だんだんと自分が不安定になり透明になっていく感覚に陥り、
慌てて演劇サークルに入り、青学を辞め桜美林大学の演劇科に編入するほど。

 

東京に向かうときにピンクパンサーを持っていたのは、
演劇をやっている自分を忘れないため。

 

ピンクパンサーは高校の演劇部の部室にあったもの。
そのため、みると自分が演劇をしている感覚になって落ち着くようです。

 

それは別にピンクパンサーでなくてもいいようで、
演劇に関するものならなんでもいいのだとか。

 

精神安定剤のようなものなんですね。

 

ライナスの毛布のような感じで、これがないとだめってものが、
演劇なだけで、ピンクパンサーではないようです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

中屋敷法仁さんはピンクパンサー別に特別に好きではないようです。
触りごごちのいいぬいぐるみならなんでもいいようで、
ピンクパンサーを持っている理由は、精神安定剤の代わりのようです。

 

アニメや2.5次元関連の記事

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
舞台
map2をフォローする
気になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました