スポンサーリンク

乗れるスーツケースは電動で動き大人ものせる!操作は簡単?重い軽い?

雑学

旅行の時で問題なのが荷物。
必要なものだけを入れても重いし、
スーツケースに入れて自身でゴロゴロと押すだけでも大変!

 

そんななかフワちゃんがビッグボスこと新庄監督に、
乗れるスーツケースをおすすめしていました!


大人の体重でも乗れる乗れる電動スーツケース。
空港内の移動などの時に便利なようです。
忙しい新庄監督には確かにいいかもしれません。

 

が、

 

操作は簡単にできる?
スーツケースの重さは重い?
それとも軽い?

 

気になりましたのでまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

乗れるスーツケースは電動で動き大人ものせる!

乗れる電動スーツケースは、大人でも乗れちゃいます!

 

どんなものか調べてみましたが、
ModobagとSE3S/SE3minitがありました。
フワちゃんが紹介していたものは
SE3S/SE3minitのようなでこちらを紹介いたします。

 

 

SE3S/SE3minitは110kgまでの大人なら乗れるスーツケースです。
どのくらいの速さで動くのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

速さは?

最高時速は13きロ。
この速さはママチャリで出せる速さで、
人によってはになるようですが、
ランニングで少し早く走っている人ぐらいの速さのようです。
人によってはこの速さで走るのは辛い人もいるので、
ママチャリを想像するとわかりやすいと思います。

 

そう思うと結構早く動くスーツケースですね。

 

SE3Sは13キロまでの最高時速。
SE3minitは8キロまで最高時速が出せるようです。

 

スポンサーリンク

 

充電は?

充電時間は2時間で完了するようです。
大阪で作られているスーツケースなので、
日本の電圧でも大丈夫です。

 

海外に行かれるときは心配になるかと思いますが、
現在は、スマフォやパソコンなど世界でどこでも電圧を気にせずに充電できる時代。

 

このスーツケースもおそらくできるのでは。

 

スポンサーリンク

 

簡単に操作できる?

SE3S/SE3minitはハンドルにAI機能があり、
右ハンドルをひねると前へ加速。
左ハンドルで停止。
左ハンドルでブレーキをかけたまま右ハンドルひねるとバック

正直、原チャリの運転をよくできる人は簡単に運転できるのではないでしょうか。

そう思うと、運転免許が求められるスーツケースのような気がします。

 

スポンサーリンク

 

スーツケースの重さは重い?軽い?

スーツケース自体の重さはどのくらいなのでしょうか?

 

SE3Sは重さは、9.4kg。
SE3minitの重さは7.5kg。

スーツケースの重さは1週間泊まる予定のLサイズで3.6kg。
機内に持ち込み可能なスーツケースの重さは10kg。

 

荷物がはいっていなくてこの重さは重いです。
AI搭載がされていたりするのでしょうがない重さかもしれません。

 

バックパッカーで安い旅をする予定の人はおすすめではないかも。

 

スポンサーリンク

 

荷物はどのくらい入る?

SE3Sの容量は21L。
SE3minitは26L。

 

SE3Sのサイズは550×360×240mm。
SE3minitのサイズは575×385×250mm。

 

SE3Sの大きさは機内に持ち込める大きさです。

一泊は10Lが一般的な目安とされているようで、
こ内容量だと2泊三日のぐらいの荷物が入ります。

 

しかし、今は現地で洗濯や必要なものを場所によっては
現地で手軽に買えてしまう時代。

 

このぐらいの容量でちょうどいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

値段は?

先行販売をしている時の価格は、
49,980円~56,980円(税込)。

 

そう思うと安い感じがします。

「Makuake」で応援購入金額まで達しているので現在は終了していました。

また開始するかは現在は不明です。
テレビで放送されれば興味がある人が増えると思いますがので、
もう一回「Makuake」で開始されるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

乗れるスーツケースのSE3S/SE3minitは電動で動きAIも搭載。
大人も110kgまでならのせれるようです。
操作は原チャリをイメージしていただければ操作できるのでは。
スーツケースの重さ自体はバッテリーを乗せているので、
普通のスーツケースと並べると重いです。

 

旅行関連の記事

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑学
map2をフォローする
気になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました