吉沢亮が行く幻のカニの場所は?アカテガニを見に行く?それとも他の?

吉沢亮が行く幻のカニの場所は?アカテガニを見に行く?それとも他の?

俳優の吉沢亮さんは「カニ俳優」と自称するほどカニが大好き!
男4人兄弟の次男である吉沢さんは男4人でカニを取り合って食べていたそうです。
男兄弟の食の熾烈さはすごいですよね〜。

 

 

吉沢さんが行く幻のカニがいる場所どこでしょうか?

 

気になりましたのでまとめてみました!

 

 

吉沢亮が行く幻のカニの場所は?

カニ俳優の吉沢亮さん。
カニの夢を叶えるために今では売れっ子俳優で忙しいため休みが貴重。
そんな貴重な時間を使って幻のカニを見に(食べに?)(捕まえに?)いったそうです。

 

この幻のカニがいる場所はどこでしょうか?

 

もしかしたら三浦半島にいるアカテガニかもしれません。

 

 

アカテガニを見に行く?

アカテガニとは海から2キロも離れた森に棲むカニだそうで、三浦半島に生息しているそうです。

 

実はこのカニ、さるかに合戦のモデルのカニだそうです。
陸に住んでいるカニは珍しいのでおそらくそうなのだなと思われます。

 

吉沢さんはカニと大格闘をしたそうでなのでこのカニとサルカニ合戦をしてたのかもしれません笑

 

 

アカテガニは食べれる?

アカテガニは淡水で生息しているカニ。
サワガニを食べるのを聞いたことがありますが、アカテガニはどうでしょうか?

 

十分に茹でたアカテガニを食べた人がいたのでその人のブログから見てみると、食べれるそうです。
※寄生虫がいるので十分に茹でて食べたそうです。

 

食べた感想は、普通のカニと変わらないほどにおいしかったそうです。

 

これは吉沢さん食べたごたえがあるのではないでしょうか笑

 

 

他にも幻のカニはいる?

夏で幻のカニといえば花咲ガニ、間人(たいざ)ガニ、ノコギリガザミ(ドウマン)が有名のようです。

 

花咲ガニは釧路や根室で捕獲されているカニ。
乱獲をしてしまっため現在は漁獲量や漁法を制限しているそうです。
大体6月か7月から仕入れるそうです。
その年によって違うようですが。

 

 

間人ガニは京都の丹後半島にある間人港で水揚されるかにです。
水深200m〜300mの海底に生息するカニを一度の漁で獲れるのは少量であることから「幻のカニ」と呼ばれているそうです。

 

 

ノコギリガザミは国内の一部地域にしか生息しないため、「幻のカニ」と呼ばれているそうで、浜名湖特産なので静岡で食べられるようです。
8月に入ると漁獲量が増えるようです。

 

幻のカニと言われると食べたくなりますよね。
吉沢さんは食べたのでしょうか。

 

 

まとめ

吉沢亮が行く幻のカニの場所は三浦半島に生息する海から2キロも離れた森に棲む・アカテガニではないでしょうか。

 

吉沢亮さんに関する記事

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!