新川帆立(作家)の印税は?弁護士の給料も推測してみました!

新川帆立(作家)の印税は?弁護士の給料も推測してみました!

作家・新川帆立(しんかわ ほたて)さんは、このミス大賞受賞し、発売後1ヶ月で18万部発刊を突破しました!
経歴は東大法学部卒、弁護士の資格まで持っている新川さん。

 

そうなると気になるのは、印税や弁護士をしているときの給料ではないでしょうか?

 

気になりましたので調べてみました!




新川帆立(作家)の印税は?

デビュー作「元彼の遺言状」で「このミス大賞」を受賞した新川帆立さん。
発売後、18万部以上恐らく発刊されました。

 

18万部以上発刊されますと、一体印税はいくらになるのでしょうか?

 

印税は、印税は出版社と著者の取り決めで決まるものです、いくらでなければいけないという決まりはないようです。

 

一般的には本の定価の10%前後で、売上ではなく刷り部数に掛けて支払われるそうです。
文庫でも新書でもハードカバーでも率は同じであることが多いとのこと。

 

例)
定価1000円の本。

 

1000円☓印税率(10%)☓刷り部数(100万部)=印税(1億円)

 

10万部で一千万円なのでおそらく、印税はそのぐらいなのではないでしょうか。

 

一律この印税になるわけではないので、参考までに。

しかし、そう考えてもこの印税はすごいですね!

 

参考:Money Motto




弁護士としての給料は?

弁護士として働いているときの給料はではどのくらいになるのでしょうか。
女性の弁護士平均は、
平均月収 42.5万円
年間ボーナス 83.2万円
年収 593万円

 

年齢によっても変わってきたりするのかなと思いましたが、弁護士はそんなに変わらないそうです。
ちなみに、新川さんは29歳。
やはり年齢を考える、高給取りです笑

参考:スタディサプリ進路

 

 

まとめ

作家・新川帆立さんは、このミス大賞受賞し、発売後1ヶ月で18万部を突破しました!
経歴は東大法学部卒、弁護士の資格まで持っている新川さん。

 

そうなると気になるのは、印税や弁護士をしているときの給料ではないでしょうか?
→印税はおそらく一千万円以上。
弁護士の給料も、平均年収は593万円ぐらいとなっています。

 

これはあくまで推測ですので、もうちょっと違う可能性もあります。

しかし、やはり才能と秀才が合わさるとこのぐらいの収入なのかもしれません。

ここまで読んでくださりありがとうございました!